写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セガグループ初の共同イベント「セガフェス」が11月19・20日の2日間、東京・ベルサール秋葉原にて開催。20日の『チェインクロニクル〜絆の新大陸〜』ステージでは、最新情報が続々公開されたほか、声優の柳田淳一やタレントの鈴木咲を招いてのトークイベントも行われた。

イベントには、本作で声優を務める柳田淳一、タレントの鈴木咲、運営ディレクターの小林央氏の3名が登壇。「チェンクロ」イベントではすっかりおなじみの存在となった柳田が「みんな! チェインは、クロニクルしているかー?」と叫ぶと、ファンも「オー!」と応じ、会場はいきなりトップギアからスタート。

本ステージでまず紹介されたのが、セガフェス会場や周辺で配布されたオリジナルクリアファイルで、「ロボピッチャ」「メガドライブ」「セガサターン」といった歴代のセガハードの写真が掲載されたセガファン垂涎のアイテム。また、このファイルは、セガフェス会場で無料配布された巨大なセガオリジナルショッパーにも同梱されていた。

次に、本作で高難易度のコンテンツ"深淵の渦"のさらに超高難易度クエストに挑むチャレンジコーナーに突入。このクエストは、挑戦者のうちクリアできたのが1%という超高難度クエストで、今回挑むのは「第3回チェンクロバトルロワイヤル」優勝者のぴよぴよ氏と、「第5回チェンクロバトルロワイヤル」優勝者のjojo氏。彼らは、そのプレーを見るために会場にやってきたという人もいるほどのトッププレーヤーで、2人は大きな拍手で迎えられた。

超高難度クエストに加え、大勢のファンが見守る緊張感の中、jojo氏はほぼダメージを食らうことなくステージを攻略。ボスに対しても動きを止めるダウン攻撃を繰り出し、難なくクリアしてみせた。一方、ぴよぴよ氏もjojo氏と同様、華麗な回避テクニックで敵を撃破していった。また、途中にわざとやられて仲間の超必殺ゲージを回復させる見事な戦術プレイを見せつけ、こちらもステージボスを楽々クリア。ヘビーにプレーしている登壇者からも「これ難しいんですよね?」や「凄すぎて参考になったような、ならなかったような……」と驚きの声があがり、チャレンジコーナーは大成功に終わった。

その後、アニメ『チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃(ひかり)〜』の最新情報コーナーに。新たなPVが公開されたほか、『チェインクロニクル 〜ヘクセイタスの閃(ひかり)〜』と『チェンクロ3』『オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団-』、アーケードゲーム『CHUNITHM AIR(チュウニズムエアー)』の3タイトルとのコラボが決定。詳しい情報は、公式サイトやTwitterなどで告知されるとのこと。そのほか、セガフェス会場物販コーナーで販売中の『チェンクロ』グッズの紹介や、現在開催されているセブンイレブンとのコラボイベントなどもアナウンスされた。

イベント終盤には、11月24日にサービス開始を控えた『チェンクロ3』の最新情報が公開。5人の主人公、5つのストーリーが交錯するシナリオを楽しめる本作では、初めてプレイを開始した人でも、チュートリアル終了後であれば、第1部と2部をプレイしなくても、3部に切り替えてスタートできる仕様になるという。柳田は「どのキャラとは言えないですが、すでにボイス収録しました」とカミングアウトし、『チェンクロ3』をアピール。

また、実施中の事前登録キャンペーンの登録者数は金曜日の時点で100万人を突破したことが明らかに。小林氏が100万人突破の告知をすると、会場から今回一番の拍手が会場を包んだ。この達成によって、『チェンクロ3』のサービス開始後すべてのユーザーには、SSRキャラクターの「ベルナデット」と、ガチャができる「プレミアムチケット」4枚がプレゼントされる。ちなみに、事前登録キャンペーンは11月23日までとなっているので、本作に興味のある人はぜひ登録してみよう。

さらに、サービス開始の前日11月23日には、「チェンクロ公開生放送2016秋の陣」の放送も決定。ゲストは、声優の今井麻美、柳田淳一、タレントの鈴木咲、MCに三浦麻美、総合ディレクター・松永淳氏、開発ディレクター・山浦大輔氏、運営ディレクター・小林央氏という布陣。開場は18時50分(19時開場)で、ニコニコ生放送やYouTube Live、FRESH! by AbemaTVのチャンネルにて生配信される。

最後のあいさつでは、柳田が「『チェンクロ3』と劇場版アニメがついに始まり、チェンクロ盛りだくさんの年末になりそう。いちファンとしても楽しみです」と期待を寄せ、鈴木は「23日のニコ生も気になりますね。サービス開始前日ということで、きっと何かあるんだろうな」と早くも興奮気味の様子。そして、登壇者全員で「『チェンクロ3』、よろしくお願いしまーす!」とファンに呼びかけイベントは幕を閉じた。

(担当ぱぴい)