「立吉餃子 八丁堀店」が、11月25日(金)にオープンする

写真拡大

餃子専門ワインバル「立吉餃子」の3店舗目となる「立吉餃子 八丁堀店」が、11月25日(金)にオープンする。

【写真を見る】自分で餃子をつくれる「立吉餃子火鍋」

“餃子をつまみにワインを飲む”をコンセプトに、新しい餃子の楽しみ方をいち早く提案し人気を集めてきた同店。1個約45gとボリューム満点の餃子は、コラーゲン質がたっぷりの山形県産豚のウデ肉とカシラ肉に豚脂を使い、国産100%の野菜を加えて安心と美味しさを追求。ネギ油と特製のタレが混ぜ合わされ、肉の旨みをたっぷりと楽しめる。直径10.5cmの大判の皮は、米粉を練り込み水分を多めに加えたオリジナル生地。モチモチプリプリの食感が特徴だ。

メニューは、渋谷本店、青山店でも100%近いオーダー率の人気セット「夜の晩酌立吉セット」(850円)をはじめ、ワインやシャンパンに合う料理が取り揃えられている。また、この冬は、“大餃子ブーム”の集大成として「立吉餃子火鍋」も発売。自分で包んだ餃子を二色のスープで食べることができる。

餃子にはニンニクが使われていないので、匂いが気にならないのも嬉しい。女性も過ごしやすい人気店で、ワインと餃子を楽しもう!【ウォーカープラス編集部/ホシ】