Doctors Me(ドクターズミー)- あなたの肩こり、実は“朝型肩こり”かも?今日から実践できる改善法5つ

写真拡大

みなさんは「朝型肩こり」という症状をご存知でしょうか?夕方〜夜にかけての
肩こりの原因とは違い、「睡眠」が大きな要因の一つになっております。 冬の夜は気温も下がり寝つきも寒さによって悪くなります。 そこで今回は、これからの季節に増える「朝型肩こり」の原因と対策について医師に解説をしていただきました。

朝型肩こりとは

通常であれば朝起きたときは最も疲れが取れているはずなのですが、熟睡できていないなどの理由から朝起きた時から肩こりをはじめとした不調を感じるもののことです。

夜型肩こりの特徴

一般的な肩こりを言いますが、長時間のデスクワーク、パソコンやスマホのみ過ぎからくる眼精疲労、冷え性などにより肩こりに至ります。

朝型肩こりの原因


熟睡できていない

寝る前にアルコールを多飲したり、不安が強い状態であったりすると睡眠の質が低下し、朝型肩こりの原因となります。

体が冷えている

寝ている間にも筋肉がこわばり、寝ても疲れがとれないため朝でも肩がこる原因になります。

ストレスが強い

ストレスや不安が強いと自律神経の乱れを来たし眠りが浅くなってしまいます。

朝型肩こりによる体の不調


頭痛

肩や首周囲の血流が悪くなり頭痛につながります。朝型に限らず、肩こりでは頭痛が随伴することは多々あります。

気分の落ち込み

しっかりと睡眠がとれていないことが多いので、寝ても気分がリフレッシュせず落ち込みがちになります。

全身倦怠感

睡眠の質が低下することから、身体も脳も十分に休むことができず、全身倦怠感につながります。

吐き気、胃の不快感

頭痛や倦怠感、消化器系の血流も悪化することから、吐き気などの症状に繋がります。

朝型肩こりの改善方法


寝る前にアルコールを多飲しない

アルコールを飲んでから寝ると睡眠の質が低下し、熟睡できずに朝型肩こりの原因となります 。

首や肩、足を冷やさないように、パジャマや布団を工夫する

寝ている間にこれらの部位を冷やすと、全身の冷えから筋緊張が高まり、朝型肩こりの原因となります。

適度な運動を行う

運動することにより適度な疲労感が得られ熟睡に繋がります。

布団に入ってから腹式呼吸を行う

腹式呼吸はリラックスする効果が得られるので緊張を解いてから睡眠にはいることができます。

寝ている間の部屋の温度に気を付ける

部屋が寒すぎるとどうしても血行が悪くなってしまいます。冬は窓を必ず閉め、カーテンも閉めておくと部屋の温度が保たれやすいです。

朝型肩こり予備軍セルフチェック!

□ 夜更かしが多く睡眠時間がまばらである □ 運動不足である □ ストレスや悩み事をため込みやすい □ 寝ている間に布団を蹴ってしまうことが多い □ 寝るときは薄着で寝る

最後に医師から一言

肩こりは多くの人が抱えている悩みですね。しかし少し注意して生活することで予防や改善をすることができるので、できることはやっていけるといいですね。 (監修:Doctors Me 医師)