<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 事前情報◇21日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>
 いよいよ24日(木)に開幕する、国別対抗戦「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」。3度目の大会制覇を目指す日本チームの松山英樹、石川遼は先週金曜日にはコース入り。土曜日に練習ラウンドを行い、昨日は練習だけに留め、この日は共に18ホールをラウンドした。
初タッグを組むことになった松山英樹と石川遼
 個人の練習ラウンドに加え、同じボールを交互に打つ“フォアサム”の対策として1つのボールを交互に打ちながら調整をした2人。この日は強い風が吹く、難しいコンディションだったが、談笑しながら和気藹々とした雰囲気でラウンド。18番ではオーストラリア代表のマーク・リーシュマンも加わり、賑やかな練習となった。ラウンド終了後は松山は練習グリーンで入念にパット練習を、石川はドライビングレンジで2時間みっちりと打ち込んだ。
 石川はこれが2度目のワールドカップ。前回は3年前、同じオーストラリアはメルボルンにある ザ・ロイヤル・メルボルンGCで行われており、豪州で戦うのはこれが2度目。オーストラリア名物の大量のハエも「慣れました。自分の中でリズムがあっていれば気になりません」とあまり意に介していないようだった。
 松山のボールはスリクソン、石川はキャロウェイでフォアサムはどちらのボールを使うかが勝負のカギとなるが、現時点では「決まっていないです。ルールではホールごとに変えてもいいそうなので」と未定。
 この日は主にスリクソンのボールを交互に打った。石川はキャロウェイと契約する以前は同社のボールを使っており、「ボクが使っていた時とはマイナーチェンジされてますが、フィーリングは似ているので」と使用に違和感はない様子。しかし、「違いは絶対にあるので、英樹とも話し合ってどちらのボールを使うか」話を詰めていく予定だという。
 石川は8月の国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」で優勝後、国内では3戦連続でトップ10フィニッシュ。米国ツアーでも10月の「CIMBクラシック」で10位に入るなど調子は上げてきている。しかし、「ここで勝つにはさらに上のゴルフをしないと。それも2人で。パートナーはこれ以上ないぐらい素晴らしい選手、友人としても最高です。期待されている中で結果を出さないといけない難しさがありますが、心身ともに調整してる段階です」、ここで勝つためにはさらにギアを上げる必要があると痛感している。
 1957年と2002年に続く3度目の栄冠へ。2人で前週から会場入りし、毎日夕食を共にし打ち合わせを重ねているという。この日はリッキー・ファウラー(米国)らも姿を見せ、徐々に会場も熱気を帯びてきた。日本を代表する若武者2人が世界を相手にどのようなプレーを見せてくれるのか。日本のゴルフファン全員の視線が、南半球に集まることになりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【男子ツアーの深層】松山英樹が語った“日本は1日でもハマれば勝てる”の意味
タイガー・ウッズ復帰戦間近?気になるクラブセッティングを予測
“神スイング”稲村亜美がW杯応援サポーター就任!“惚れた”ゴルファーは?