「朴槿恵、出てこい」人気俳優チョン・ウソンの過激発言が話題

写真拡大

俳優チョン・ウソンが朴槿恵(パク・クネ) 大統領に対して厳しい一撃を加えた。聞く人々をすっきりとさせる一言だった。

20日、映画「阿修羅」のファン団体観覧会でのチョン・ウソンの発言がSNSで大きな話題になっている。ファンたちはチョン・ウソンに即席の演技を求めたが、チョン・ウソンは劇中のセリフである「パク・ソンベ、外に出てこい」とパロディし、「朴槿恵、前に出てこい」と叫んだ。

チョン・ウソンの大胆な発言にファンたちは拍手と歓呼を送った。もどかしい政局で人々をすっきりとさせるチョン・ウソンの一言だった。

これに先立ち、チョン・ウソンは自身が文化界のブラックリスト入りしたという報道に対する発言も話題になった。3日「ロンドン韓国映画祭」に出席したチョン・ウソンは「言いたいことがあったら言って暮らすのが1番良い。その時代の既得権勢力が何かを求め、その要求の強制に抵抗するとリストに名を載せたりしますが、気にしないでください。彼らが作ったものであって、私たちはただ私たちが言いたいことを言うだけですから。そうすべきだと思います」と答え、反響を得た。