ユン・シユン、イ・ジョンウ脚本家の新作に出演なるか?

写真拡大

俳優ユン・シユンがミニシリーズドラマ「最強の出前持ち」(脚本:イ・ジョンウ、仮題) の出演オファーを受けた。

21日、ユン・シユンの所属事務所であるモアエンターテインメントはマイデイリーに「『最強の出前持ち』の出演オファーを受けて検討中だ」と伝えた。

「最強の出前持ち」は「朝鮮ガンマン」を手がけたイ・ジョンウ脚本家の新作で、韓国の土のさじ(恵まれない環境で育った者を指す新造語で、親の七光りで育った者を指す金のさじの反対語) の愛と成功を描いていく予定だ。ユン・シユンがジャージャー麺の出前持ちチェ・ガンス役のオファーを受けている。「最強の出前持ち」のほかにも多数の作品からラブコールを受けて検討しているユン・シユンの次回作に注目が集まっている。

ユン・シユンは現在出演中のKBS 2TVバラエティ番組「ハッピーサンデー−1泊2日」シーズン3の他にも、来年初めに韓国で放送されるMBC3部作ドラマ「三色のファンタジー<生同性恋愛>」で視聴者と会う予定だ。