アニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』の第7話『穢れなき逢瀬』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』(毎週月曜深夜1:05-1:35ほか)の第7話『穢れなき逢瀬』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第7話では、事件の疲れを癒すため明智が健康ランドでくつろぐ中、テレビでは警備ロボ事件などこれまでの騒動を収めた警察の協力者、すなわち明智のことが話題に…/(C)Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

本作は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」を原案に、2030年代の東京を舞台にしたオリジナルアニメ。

謎の探偵・明智小五郎(CV.小野大輔)の下に集う「少年探偵団」。ある日、団員の花崎健介(CV.逢坂良太)は「死ねない身体」となった小林芳雄(CV.山下大輝)と出会い、少年探偵団へ誘う。やがて二人の運命が、怪人二十面相(CV.GACKT)と明智の因縁と絡み合いながら、動き出していく。

【第7話『穢れなき逢瀬』】

明智は事件の疲れを癒すため、健康ランドでくつろいでいた。テレビからは警備ロボ事件、臓器売買事件、地下水路誘拐事件のニュースが流れ、その騒動を収めた警察の協力者、すなわち明智のことをうわさしていた。そこへ現れた中村刑事に、二十面相との因縁を問い詰められる。明智は、ひょうひょうとかわしながらも二十面相との出会い、幼少のトラウマを思い返す。その頃、花崎は父親に呼び出される。彼もまた、複雑な過去を背負っていた。

なお第8話『箱庭の楽天地』は、TOKYO MXでは11月21日(月)深夜1時5分より放送。読売テレビでは、11月21日(月)深夜2時9分から通常より10分繰り下げての放送となっているので注意しよう!