後味の良い甘味と余韻深いカカオ感が特長の「ルック・カカオ(エクアドル)」(オープン価格)

写真拡大

不二家は、ロングセラーブランド「ルック」から“カカオのルーツを味わう”をコンセプトにした新商品が登場。カカオ発祥の地と言われる中南米で採れた選りすぐりのカカオマスを使用した「ルック・カカオ」シリーズとして、「ルック・カカオ(エクアドル)」と「ルック・カカオ(ドミニカ)」(各オープン価格)を12月6日(火)に全国発売する。

【写真を見る】南国を思わせる果実のようなフルーティーで華やかな香りと爽やかな酸味が特長の「ルック・カカオ(ドミニカ)」(オープン価格)

エクアドル産カカオマスを使用した「ルック・カカオ(エクアドル)」は、後味の良い甘味と余韻深いカカオ感が特長。こちらもカカオ分は66%で、1箱にカカオポリフェノールを1356mg含んでいる。

一方、カカオ分66%で、1箱にカカオポリフェノール1296mgを含む「ルック・カカオ(ドミニカ)」は、ドミニカ産カカオマスを使った南国を思わせる果実のようなフルーティーで華やかな香りと爽やかな酸味が特長だ。

栽培する土地によって風味や味わいが異なるカカオ豆の産地にこだわった特別な「ルック」。それぞれのカカオの個性をぜひ味わってみて。【東京ウォーカー】