オム・ジウォン&コン・ヒョジン出演映画「女は冷たい嘘をつく」華麗な演技対決を披露(総合)

写真拡大

忠武路(チュンムロ、韓国の映画界) を代表する二人の女優が、言葉通り“華麗な”演技対決を披露した。

女優コン・ヒョジンとオム・ジウォンは、21日午後ソウル東大門(トンデムン) MEGABOXで開かれた映画「女は冷たい嘘をつく」のマスコミ向け試写会に出席し、映画について語った。

「女は冷たい嘘をつく」は、ある日突然自分の娘を連れて消えたベビーシッターのハンメ(コン・ヒョジン) を探そうとするシングルマザーのジソン(オム・ジウォン) の物語を描く映画だ。コン・ヒョジンは、中国人のベビーシッターハンメ役を、オム・ジウォンは激務に疲れたシングルマザージソン役を演じた。

まずコン・ヒョジンは、中国人と設定されているため、大半の台詞が中国語だ。韓国語で話す時もたどたどしい韓国語を話す。そのため色々悩んだというコン・ヒョジンは、「シナリオを読んで2日間余韻が残った。そのような経験はこれまでで3回くらいあった。そのため設定はさておき、とりあえずは出演することにした」と話した。

また「中国語の台詞、そしてさらに大変だったのは、たどたどしい韓国語だった。私は、韓国語が大の得意な女優なのに、韓国語ができない演技をするとき人々に笑われるのではないかと心配した。私自身さえもその演技をする瞬間が厳しい瞬間だった」と話し、笑いを誘った。

子供との撮影のエピソードも伝えた。彼女は「思った通り大変だった。赤ちゃんたちがあまりにも幼いので諦めた部分も多かったし、暑すぎる夏だったので赤ちゃんたちが大変がっていた。でも、ノウハウもたくさんできたので、またやるならこうすればいいかなという知識は得た」と伝えた。

オム・ジウォンは劇の序盤から子供を探し回り、体力勝負を繰り広げる。これについてオム・ジウォンは「走るシーンも多く、毎シーンが感情シーンのつながりなので、エネルギーと感情をたくさん使った。暑い夏にスタートし、秋の今頃に終了した。暑さの中で走るのが体力的に厳しかったけれど、最も大変だったのは毎瞬間このような感情で合っているのかなと怪訝する思いだった。どのような感情で観客に伝えられたら正しいのかなど、そのような方向性について悩んだ部分が最も大変だった」と説明した。

究極の母性愛の演技について「自分が経験したことがないため、大きなプレッシャーと力不足をいつも感じるが、女優として映画の中のジソンのキャラクターとして深く経験し、心で表現するために頑張った。そのために、コン・ヒョジンさんや監督ともたくさん話を交わした」と話した。

続いて「ジソンというキャラクターは、外から見れば華やかな人生に見えるが、ハンメという中国人のベビーシッターと状況は変わらないと思った。誰にも頼れず、一人で子供を育てなければならない状況は、どの国で生まれて暮らしてきたかだけの違いであり、運命の始まりは似ていると思いながら演じた」と付け加えた。