日本とロシアの国境の変遷

写真拡大

 北方領土が返還された場合、何がどう変わるのか。漁業や観光、海上治安などの課題を検証する。

「『2島返還が現実的だ』『4島一括返還が前提だ』などの声があるが、私はどちらも違うと思う。帰属問題は交渉を継続するとして、近く、国後、色丹、歯舞の『3島の施政権』の返還が期待できるのではないか」

 海洋問題研究家で、この11年で6度、北方領土を訪れた山田吉彦・東海大学教授はそう語る。山田氏による監修の下、「3島の施政権」が返還された場合の北方領土がどうなるかを検証した。

【択捉島(エトロフトウ)】面積3168平方キロメートル(沖縄本島の約2.6倍/人口約6000人
 水産会社「ギドロストロイ」の企業城下町である択捉島を日ロ交流のための「経済特区」とし、経済分野を中心に日本との一体化を進めることになるか。国後島との間にある国後水道(エカテリーナ海峡)は水深約480メートルあり、ロシア潜水艦の航行路となっている。4島一括返還の場合、ロシア艦は国旗を掲揚しての浮上航行を求められるので、択捉島返還の可能性は低いとの見方が多い。

【国後島(クナシリトウ)】面積1490平方メートル(沖縄本島より大きい)/人口約7000人
 ロシアによる開発は2011年に新ターミナルと新滑走路が完成したメンデエレフ空港や2012年に大型船が直接、接岸できる埠頭が完成した古釜布港など、公共工事による港湾、飛行場、道路舗装などにとどまっている。島の北半分は「自然保護区」で人の立ち入りが制限されてきた。手つかずの自然を活かし、世界自然遺産「知床」と合わせたエコツアーなどの展開が期待される。

【色丹島(シコタントウ)】面積251キロ平方メートル(徳之島とほぼ同じ)/人口約2800人
 斜古丹(シャコタン)ワンにはロシア国境警備隊の基地がある。中心都市・斜古丹の人口1850人のうち1000人は国境警備隊。返還後も中流の可能性ありか。

【歯舞群島(ハボマイグントウ)】
 ロシアに制限されてきた漁業の自由度が増す。北方領土海域の密漁取り締まりや救難などの海上警備で、日本の海上保安庁が主導権を握れるか。

「色丹島の斜古丹湾にはロシア国境警備隊の基地があり、ロシア潜水艦の航行路である国後水道を管轄している。施政権が日本に移ってもこの基地を排除するのは難しいのではないか。そして、3島に居住するロシア人の裁判権をどうするかなどは、『地位協定』により定めることになるだろう」(山田氏)

 その場合、ロシア国境警備隊と日本の海上保安庁が協働して周辺海域の航行の安全を守り、密漁や海賊などに目を光らせることが考えられる。

 3島の施政権を得れば、漁業や観光の面でも進展が期待できる。とくに国後島の北半分はロシアにより「自然保護区」に指定され、手つかずの自然が残る。

「国後島を世界遺産・知床半島と一体的に考えれば、海域も含めた環境保全や観光開発を図ることが可能になるのではないか。乱獲を未然に防ぎ、豊富な海洋資源を持続可能な方法で有効利用する道も開けるだろう。また、北方領土は考古学者にも貴重な研究の場として期待されており、学術研究の拠点をつくることで国際的な価値を高めることもできる」(山田氏)

※SAPIO2016年12月号