写真提供:マイナビニュース

写真拡大

こどもプログラミング・サミット実行委員会は、大学生以上の教育関係者およびプログラミング教育に興味を持つ人を対象に、将来のプログラミング教育の重要性と拡充について意見交換会「プログラミング・サミット in FUKUI」を2016年12月4日に、福井県福井市の商工会議所ビルにて開催すると発表した。

同イベントは、必修化が進むプログラミング教育をどのようにすれば、より早くより高い質で教育現場に普及できるのか、ということを産学官が連携して考えていくためのきっかけ作りとして行われるもので、ゲスト講師として、教育の現場でアグレッシブな取組を行っている小金井市立前原小学校の松田孝 校長、プログラミング教育活動を推進しているみんなのコード代表理事の利根川裕太氏、リクルート 教育研究所所長の小宮山利恵子氏などを迎えシンポジウムが行われるほか、各地の事例紹介・教育ツールの展示、体験型のワークショップなどの実施が予定されている。

なお参加対象は、教職員や行政機関、IT人材育成を推進する企業に勤務している人、塾経営者・講師などとしており、応募方法はメールもしくはFAXによる申し込みで、詳しい申し込み方法はプログラミング クラブ ネットワークのイベント情報サイトに記載されている。

開催概要
開催日時:2016年12月4日(日) 9:30〜17:00
開催場所:福井商工会議所ビル 国際ホール
参加費用:1500円(ワークショップ参加費、弁当代込)