FNC初のダンスボーイズグループSF9、初のファンミーティングを成功裏に終了

写真拡大

グループSF9がデビュー以来初めての公式ファンミーティングを盛況のうちに終了した。

SF9は20日、オリンピック公園K-アートホールで「2016 SF9 Surprise Festival 9 Part. 4<僕たちのファンファーレが鳴る時間>」を開催した。インターネットサイトでチケットが販売されて30秒で全席が完売し、開催前から話題を集めた。

SF9デビュー以来公式に開催した最初のファンミーティングであるだけに、これまで放送では見られなかった多彩なステージと特級ファンサービスが披露された。SF9はデビュー曲「Fanfare」の原曲とアコースティックバージョン、収録曲「K.O.」のステージをはじめ、「心配しないで、あなた」「Chillin」などメンバーたちのユニットステージを披露した。

また、デビュー活動に関する率直なトークも続いた。SF9は「感謝しているという言葉では足りないほどたくさんの愛を送ってくださって感謝している。SF9がファンの皆さんのプライドになることができるよう、さらに頑張る」と明らかにした。

ファンの投票で決定された「授賞、こんなことが」コーナーでは、ベストカップルとベストキリングパート(歌で人の心を掴む部分) など、特別な授賞式が行われた。SF9は退場する観客全員とハイタッチしながら感謝を伝えるなど、ファンへの格別な愛情を表した。

SF9はデビューシングル「Feeling Sensation」のタイトル曲「Fanfare」で活動した。攻撃的なサウンドと水車ダンスが際立つパワフルな後続曲「K.O.」で各種の音楽番組で活動を続けている。