「K-POPスター6」プロデュース101出身のイ・スミン、満場一致で合格“素質がある”

写真拡大

「プロデュース101」出身のイ・スミンが「K-POPスター」に挑戦状を出した。

韓国で20日に放送されたSBSバラエティ番組「K-POPスター6」では、イ・スミンの本選1ラウンドが繰り広げられた。

イ・スミンはガールズグループオーディション「プロデュース101」出身で、なんと5年間練習生生活をしてきた。抜群のボーカルとダンスで愛されたイ・スミンは「22位に上がる前に脱落した」と話した。

またイ・スミンは放送分量自体も多くなかったとし「私がどんな人なのかが見えなかったと思う。今は所属事務所を出たけど、大変だ。歌手の夢を諦めなければならないと思ったけど、そうするにはあまりにも遠くまで来てしまった」と心境を明かした。

この日、イ・スミンは練習生出身らしい安定的な歌唱とステージマナーで爽やかな魅力を誇った。パク・ジニョンは「この分野は審査の基準が異なる。上手か下手かではなく、教えたいかどうかの問題だ。素質がある。教えてみたい」と絶賛した。

ヤン・ヒョンソクは「アマチュアの参加者たちを見ると子虎のようだが、5年間練習した参加者はある程度訓練された虎のようだ。どこまで上がるか見てみよう」と合格させた。ユ・ヒヨルも合格に賛成し、イ・スミンは満場一致で2ラウンドに進出した。