20日、中国紙・参考消息によると、山東省済寧市で電動バイクに乗っていた若い女性が車に衝突され、そのまま車に夜通し引きずられ、亡くなる事故が起きた。

写真拡大

2016年11月20日、中国紙・参考消息(電子版)によると、山東省済寧市で電動バイクに乗っていた若い女性が車に衝突され、そのまま車に夜通し引きずられ、亡くなる事故が起きた。

「高新区の高速道路の入り口付近で、道路を横断しようとした電動バイクが自動車に追突された。電動バイクには若い女性が乗っていた」との通報を受け、警察が現場に駆け付けたところ、見つかったのは電動バイクと女性の履いていた靴だけで、乗っていた女性の姿はなかった。

警察が現場を調べると、路面には人の組織片が残っており、被害者女性は重症かすでに死亡しているとみられた。通報した人物の姿はなく、救急に連絡を取ったが、それらしい通報も入っていなかった。警察が夜を徹して付近を捜索したが、遺体は見つからなかった。

その後、現場検証と監視カメラの記録などの分析を行い、女性が車にひかれた直後から姿を消したことや、女性が車に引きずられた血痕を高速道路上に発見。加害車は事故を起こした後、女性を引きずったまま高速道路を夜通し走行していた。

女性の遺体は高速道路上で発見された。車体の下部には女性の髪や組織片、血痕が残っていたが、いずれも高温にさらされたことで、車体に焼き付いていた。車を運転していた容疑者はすでに出頭し、警察が取り調べを行っている。(翻訳・編集/岡田)