自筆のイラストで解説するさかなクン

写真拡大

ディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』MovieNEXの発売PRイベントが11月21日、東京・カレッタ汐留地下通路で行われ、モデルでタレントの佐野ひなこ、本作で声優と日本版海洋生物監修を担当した魚類学者のさかなクンが出席した。

その他の画像

物語の舞台は、前作で小さなニモが大海原で奇跡の冒険を果たした1年後。今度は忘れんぼうのドリーが、かすかな記憶を頼りに、愛する家族を探す旅に出かけることに。ドリーの親友であるニモ、そしてニモの父親・マーリンは無謀ともいえる彼女の冒険に同行するが…。果たして、ドリー出生の秘密とは? 世界興行収入が10億ドルの大台を突破し、日本でも国内興収68億円超えを記録した。

さかなクンのお気に入りキャラクターは、タコのハンクだといい「タコは原点でもあるし、海の世界に興味をもったきっかけ。今回、ハンクは準主役として活躍していてカッコいいですね」。自筆のイラストを使いながら、「皆さんがタコの頭だと思っている丸い部分は、実は胴体なんですね。映画には生態がしっかり描かれている」と太鼓判を押した。

そんなさかなクンの生解説に耳を傾ける佐野も、「ハンクが大好き」と語り、「とても運転が上手なんですよ」と触手を巧みに使ってトラックを運転するタコのハンクにほれぼれ。「それにエイ先生がカッコいいし、ベイビードリーは可愛い。キャラクターも個性的だし、家族愛が描かれている」と魅力をアピールしていた。

イベントが行われたカレッタ汐留地下通路では11月27日まで、映画の世界観をイメージした高さ約4メートルのオーシャン・ドームが展示中で、「かわいくて、テンションが上がりますね」(佐野)、「華やかでギョざいます」(さかなクン)とはしゃいでいた。

『ファインディング・ドリー』
デジタル先行配信中
11月22日(火) MovieNEX 発売

取材・文・写真:内田 涼