谷原秀人を交わして首位に浮上した池田勇太は、このまま逃げ切ることができるのだろうか(撮影:米山聡明)

写真拡大

<男子賞金ランク>
 男子ツアー「ダンロップフェニックス」終了時の賞金ランキングが発表され、開幕前に2位につけていた池田勇太が、同大会で2位に入り2,000万円を加算。谷原秀人を交わして首位に浮上した。
ケプカと池田の激闘!「ダンロップフェニックス」をフォトでプレイバック
 トップ10はそれ以外に変動はなし。同大会で優勝したブルックス・ケプカ(米国)は20位に入った。
 来週の「カシオワールドオープン」で池田が優勝して4,000万円を加算し、谷原が約560万ほど(現状の472万円差と最終戦の最下位賞金額)を獲得できなければ、その時点で池田の賞金王が決定する。
【男子賞金ランキング】
1位:池田勇太(167,497,703円)
2位:谷原秀人(162,777,703円)
3位:キム・キョンテ(103,310,824円)
4位:ソン・ヨンハン(85,530,966円)
5位:松山英樹(80,000,000円)
6位:片岡大育(78,817,949円)
7位:小平智(72,883,807円)
8位:片山晋呉(61,725,141円)
9位:今平周吾(59,533,763円)
10位:マイケル・ヘンドリー(54,054,728円)
20位:ブルックス・ケプカ(40,000,000円)
<ゴルフ情報ALBA.Net>