写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ヒューレット・パッカードは11月18日、ロックオンが同社の高速データ分析プラットフォームである「HPE Vertica」を利用し、自社の顧客行動分析サービスを強化したことを明らかにした。

ロックオンのマーケティング・プラットフォーム「アドエビス」の新サービス「オーディエンスエビス」は、広告主が顧客の行動をリアルタイムに把握することを支援し、購買までの行動を分析する新しい手法を提供。今回、同サービスにHPE Verticaの分析機能を利用することにより、広告主はブランドを強化し、潜在顧客向けのマーケティングへの注力が可能になる。

ロックオンは、100億件を超えるというオーディエンスエビスのデータに対して、ユーザーが自由な切り口でリアルタイムに分析できる高速なデータベース・システムの導入を検討していた。分析ユーザー数が増えた場合にも柔軟に対応できることや、スモールスタートで必要に応じて拡張できるデータベースであることも要件として挙げている。

同社では、HPE Verticaを利用して迅速かつコスト効率良くオーディエンスエビスのサービスを開始したことで、ROIの向上を実現。今後、人を軸とするデータをベースに多様な外部サービスと連携し、より便利なマーケティング・プラットフォームの提供を予定している。

(山本善之介)