ソ・イングク、藤井美菜らとともに福岡で開催されるアジアドラマカンファレンスで特別表彰を受ける

写真拡大

俳優のソ・イングクが第11回アジアドラマカンファレンスで特別表彰を受ける。韓国文化産業交流財団が18日、明らかにした。

ソ・イングクは21日から24日まで福岡市で開催されるこのカンファレンスで表彰される。主演ドラマ「元カレは天才詐欺師〜38師機動隊〜」「ショッピング王ルイ」などでの活躍が認められた。

アジアドラマの発展に貢献したとして、日本人女優の藤井美菜、「元カレは天才詐欺師〜38師機動隊〜」のプロデューサー、ハ・ドンファ氏らも特別表彰を受ける。

「マルチプラットフォーム時代、ドラマコンテンツの課題」をテーマに開催される今年のカンファレンスには、韓国、中国、日本などアジア8ヶ国で人気ドラマを制作する関係者約150人が参加する。

デジタル革命に伴い変化するドラマ制作環境について議論し、海外進出や共同制作など国境を越えて協力するアイデアなどを模索する。