ケネディ大統領暗殺阻止計画を描くクライム・サスペンス「11/22/63」 (c)Warner Bros. Entertainment Inc.

写真拡大

世界的ベストセラー作家のスティーヴン・キングとハリウッドを代表するヒットメーカーのJ・J・エイブラムスがタッグを組んで贈るクライム・サスペンス「11/22/63」が、定額制動画配信サービス「Hulu」で11月22日から独占配信が開始となる。「このミステリーがすごい!」2014年海外編1位を獲得した原作本がついに映像化され、ジェームズ・フランコ、クリス・クーパーほか豪華キャストが集結した傑作ドラマが誕生。国語教師のジェイクが行きつけのダイナーで<時空を越えることのできる扉>の秘密を知り、ケネディ大統領暗殺阻止計画を託される。

ジェイクはいつもと変わらずダイナーで過ごしていたが、店主のアルもいつも通りコーヒーを注いでいる。そんな中、離婚協議中の妻がダイナーに離婚届を持参し、書類にサインするように求める。ジェイクが渡された書類にサインをしていると、突然店の奥から咳き込みながら変わり果てた姿でアルが現れた。たった数分前まで元気だったアルは、老け込みやつれ、重病人になってしまっている。彼の突然の変貌に驚くジェイクにアルは、ダイナーの奥にあるクローゼットの扉の先は<過去>に繋がっていると伝える。

そこを通ってみろとジェイクをけしかけたアル。半信半疑で扉を通ったジェイクの目の前に突然現れた世界、それはどこか懐かしく、見覚えのある世界。驚き、焦りつつもアルの元へ戻ったジェイクにアルは「今見てきた世界は過去で1960年10月21日だ」と告げる。その扉は過去へとタイムスリップできる通称「ウサギの穴」、過去で何分、何時間、何年過ごしても、現代の時間はたった2分しか進まないという。病に冒され、余命がわずかと悟ったアルがジェイクに「ある事」を託す。それは、成し遂げようとしたが失敗に終わった「1963年11月22日に起きたジョン・F・ケネディ大統領暗殺の阻止計画」だった。アルはケネディ大統領暗殺が起きなければ、ベトナム戦争は起きず、今よりももっと良い世界になっていただろうと考えたのだ。

過去へ旅立ったジェイクは歴史上、暗殺実行犯として逮捕されたオズワルドの情報を頼りにダラスへと向かうが、過去を変えようとするジェイクに次々と変化を拒む<過去>が行く手を阻み始める。はたしてジェイクはケネディ大統領暗殺を阻止できるのか?

■「11/22/63」
11月22日(火)から独占配信スタート 以降、毎週火曜日に1話ずつ新エピソード追加(全9話)
(c) Warner Bros. Entertainment Inc.