千原ジュニアが高齢者の運転に提言「とりあえずミッションに」

写真拡大

20日深夜放送の「にけつッ!!」(日本テレビ系)で、千原ジュニアが、高齢者の運転について持論を展開した。

番組では、車の運転マナーに関する話から、高齢者の運転に話が及んだ。高齢者の運転をめぐっては、アクセルとブレーキの踏み間違い事故が相次いでおり、社会問題となっている。

そこでジュニアは「60歳以上(または)70歳以上はミッション(MT)しかアカンことにしたらええやん」と、急発進を防ぐために高齢者はマニュアル車に乗るべきだと提案したのだ。

その理由について「便利になるから不便になんねん。オートマ車だから、あんなことになる」と踏み間違いで重大事故が起きていることを指摘。「ミッションだと(踏み間違えても)エンストするしかないから」と語った。

ジュニアは、運転に自信がある高齢者ならマニュアル車でも問題ないはずだとし、「とりあえずミッションに」と訴えていた。

【関連記事】
小倉智昭氏 高齢者の運転免許「毎年更新案」に猛反論
水道橋博士がウイルス性髄膜炎の後遺症で運転止めたと告白 高齢者の免許返納訴える
千原ジュニアがマナーに持論「皆が気にならないものはマナー違反ではない」