【絶品レシピ】キューピー紹介の「秋鮭のみそマヨちゃんちゃん焼き」を作ってみました / ご飯がもりもり進んじゃう危険なおいしさですよ〜

写真拡大


日々の献立を考えるのって大変! 自炊をしている多くの人が頭を悩ませる、日々の課題ではないでしょうか。洋食にしようか、和食にしようか……。あ〜、もう面倒くさい! 

そんなときにぴったりなのが、和風メインディッシュながら洋風な香りも漂う「フライパンで! 秋鮭のみそマヨちゃんちゃん焼き」。キューピーが公式サイトで紹介している、北海道の名物料理「ちゃんちゃん焼き」のアレンジレシピです。これなら、ご飯にはもちろん、パンにだって合いそう! 

野菜とお魚が一緒にとれるから、用意するおかずはこれ1品でOK。それに、フライパンひとつで作れるのもポイント高し! 

というわけで、さっそく作ってみましょう。

【材料】

用意する材料は、シャケ、キャベツ、玉ねぎ、ぶなしめじ、ニンジン。

調味料は、みそ、砂糖、みりん、酒、バター、マヨネーズ、塩・コショウ。

【作り方】

1. フライパンにバターを入れて熱し、あらかじめ塩・コショウをしておいたシャケの両面に焼き色を付ける。
2. シャケのまわりを囲むようにざく切りにした野菜を彩りよく並べ、混ぜ合わせた調味料を回しかけて、蒸し焼きに。

おっと、ぶなしめじを入れ忘れるところでした。

3. シャケと野菜に火が通れば完成! 野菜としめじを入れてから10〜12分ほど火を通したところ、シャケはふっくら、野菜は程よい歯ごたえに仕上がりました。

【試食してみた!】

みそと相性の良いバターやマヨネーズたっぷりの、アレンジちゃんちゃん焼き。期待どおりご飯がもりもり進む、濃いめの味付けです。調味料と野菜の汁気が絡み合ってソース状に仕上がり、ご飯にかけて食べるとサイコー! このガッツリ系濃い味ソースのおかげで、野菜もおいしく食べられます。

なお、非常にコクのあるおいしいソースなのですが、記者(私)にはやや塩辛く感じました。次回作るときには、調味料を少し減らすか、マヨネーズの一部をサワークリームに変えてみようと思います。

これ、フライパンはもちろん、ホットプレートでも上手に作れるそうですよ。とても見栄えのするメインディッシュなので、普段のおかずにはもちろん、人が集まるときのおもてなし料理にもよさそうですね。

参照元:キューピー
調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る