20日、国民的人気アスリートの林丹の不倫騒動で、相手の女性タレントが「自分も被害者」と訴えたことが話題になっている。写真は林丹と謝杏芳夫婦。

写真拡大

2016年11月20日、中国の国民的人気アスリートの林丹(リン・ダン)の不倫騒動で、相手の女性タレントが「自分も被害者」と訴えたことが話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

林丹は4回出場した五輪で、金メダル2個を獲得したバドミントン界のスター選手。このほど、女性タレントと密会していたと不倫報道が持ち上がり、しかも妻の第1子妊娠中の出来事だったことが明らかに。林丹は報道内容を認めて謝罪し、その夫人で同じく元バトミントン選手だった謝杏芳(シエ・シンファン)も、夫を許すと記したメッセージを中国版ツイッターで発表した。

これで終了すると思われた今回のゲス不倫騒動だが、相手の女性タレントのチャオ・ヤーチー(趙雅淇)が動きを見せている。チャオ・ヤーチーは数多くのドラマや映画に出演しており、決して無名ではないタレント。今回の不倫報道に対しては所属事務所が、「林丹は酒に酔っており、チャオ・ヤーチーは被害者」と発表したことが話題になり、まだまだ尾を引きそうな様子だ。(翻訳・編集/Mathilda)