Doctors Me(ドクターズミー)- 胎動はいつからはじまる? ママが知りたい開始時期と胎動の種類

写真拡大

赤ちゃんが元気かどうかがダイレクトに伝わる
「胎動」。赤ちゃんの存在を感じ、母親になるということを自覚するきっかけでもありますよね。 初産婦さんだと「どんな動きをするのか」、「いつなのか」がわからず不安に思う方もいるかもしれません。 今回はそんな不安が少しでも和らぐように、胎動がいつから始まるのかやどんな動きをしているのかなどをご紹介します。

要チェック項目

□胎動を感じ始めるのは妊娠5ヶ月ごろだが、腹壁の厚さや羊水の量によって個人差がある □胎動は生まれるための準備運動と考えられている □キックやパンチなど、胎動には色んな種類がある

胎動とは?

簡単に言うと、赤ちゃんである胎児がお母さんのおなか中、つまり子宮内で動くことです。胎動によって母親になるんだという自覚も芽生えてきます。 また、赤ちゃんがお腹の中で元気に成長しているという証でもあり、お母さんやお父さんなどの家族にとっても、赤ちゃんの存在を感じられるとても神秘的なものなんです。

胎動を感じ始めるのは妊娠5ヶ月目ごろ

初めて胎動を感じるのは妊娠5ヶ月ごろです。妊娠中期になって、胎動が待ち遠しくなると思いますが、実は赤ちゃんは胎動を感じるずっと前から動いているのです。 妊娠8週目ころからしゃっくりやピョンと飛び跳ねたりしています。 妊娠10週目ころになると腕や足の曲げ伸ばしや子宮の壁を蹴ったりと、アクティブな動きをしていますが、まだ小さかったり、お母さんの腹壁の厚さや羊水のなど量も関係して、動きを感じ取れていないだけなのです。 このことから、胎動を感じ始める時期は個人差が激しく、妊娠4ヶ月の終わりごろから感じる人もいれば、妊娠6ヶ月ごろまで気が付かないというバラつきがあるのです。 超音波検査でしっかりと動いているのを確認できているのであれば、「まだかな? 」と気を張らずに、のんびりと気長に待ちましょう。

胎動の種類ってどんなのがあるの?

「胎動」と言われても、初産婦の方はどんな感じなのか想像もつきませんよね。胎動は赤ちゃんが適当に動いているのではなく、生まれてくるための準備運動的な意味があると言われています。 そこで、お腹の中で一体どんな動きをして、それが胎動として伝わっているのかをご紹介します。

1.キック&パンチ

足や腕をグーッと曲げ伸ばししたり、手足でキックやパンチをすることがあります。お腹の中で「ぐにゅ」としたら曲げ伸ばし、「ポコポコ」したらキックやパンチをしているのかもしれませんよ。 妊娠後期から末期になると動けるスペースが少なくなるのに伴って、これらの感触も減少します。

2.ローリング

羊水の中にプカプカと浮かぶ赤ちゃん。クルクルと回る感じも胎動で感じることがあるんです。ゴロンとした感じがあればひっくり返ったりして遊んでいるのかもしれませんね。

3.おしっこ

ブルブルっと震えるような動きを感じたら、赤ちゃんがおしっこをしたのかも。

初産婦より経産婦の方が胎動が早いってホント?

巷では経産婦の方が胎動を感じるのが早いと言われています。ですが、経産婦=早いではありません。 初産婦と比べた時、経産婦は一度胎動を経験していることから、お腹の中の赤ちゃんの動きにも敏感になっているため、初産婦よりも気づきやすいということが言えると思います。 また、一度は経験しているからこそ「胎動」とそれ以外の腸の動きなどとの区別もできることも要因だと言えます。

胎動が少なくなったり、感じないこともあるの?

そもそも胎動は常に起こるわけではありません。赤ちゃんもお腹の中で眠ったりします。お腹の中には朝・昼・夜という概念がありませんから、赤ちゃんの好きな時に寝たり起きたりをしています。 ただ、妊娠6ヶ月以降は次第に胎動のリズムが整って、動く時間がだいたい毎日同じような時間になってきます。 「夜になると激しくなる」というお母さんも多いですが、夜は日中と違ってゆったりとしている時間が多く、胎動を感じやすいためそう感じるのです。 逆を言えば、日中はお仕事をしているお母さんもいますし、家事などをこなして忙しくしていて、小さな胎動を自覚できていないだけなのです。 胎動を感じ始めたころはまだ休止期間が長いですが、成長が進み週数が増えるにつれてダイナミックな動きが増え、起きている時間も長くなります。 その後、妊娠末期になると動けるスペースが減少して動きが鈍くなることがあります。ただ、出産を迎えるまでの間で全くなくなるということはありません。 もし、動いていないなと感じたら、まずリラックスして胎動を感じやすい環境にしてください。それから、胎動を10回数えるまでにどれくらいの時間が掛かったのかを計る10カウント法で胎動カウントをしましょう。 目安は1時間以内。それ以上の時間がかかったり、動きが弱いかなと不安になったら、かかりつけのお医者さんに相談するか、受診をして赤ちゃんが元気がどうかを確認してもらってください。

幸せな気持ちにしてくれる胎動をしっかり感じよう

胎動は、それにより「お腹の中に赤ちゃんがいるんだ」という認識が強まって、それが母親になるんだということを自覚させてくれるとても貴重な体験でもあります。 大変に感じる妊娠生活かもしれませんが、胎動を感じたらまずはリラックスして、赤ちゃんにたくさん話しかけてあげてみてくださいね。 (監修:Doctors Me 医師)