写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●他社製品と比べ、モバイルの使い勝手が最もよかったXenDesktop
○経営計画を実現するためにグループ間でのシステム統合に着手

北陸銀行は1877年の創業以来、北陸地方を中心に展開してきた地方銀行だ。本店所在地は富山県だが、国内187、海外6の拠点を持ち、関東・関西にも広く展開している。現在は北海道銀行とともに、ほくほくフィナンシャルグループの一員として活動。2016年4月からは、地域経済の発展に資する金融サービスの安定的な提供を目指す中期経営計画として「BEST for the Region」を掲げた。その内容は営業力強化・経理の効率化・経営基盤の強靭化といったものだ。

「経営の効率化によってコストを削減し、そこで生み出した予算を利用して営業力を強化することを狙っています。その効率化は、北海道銀行とのバック事務の統合やシステム統合によるグループシナジーを追求していくことで行おうと考えました。次世代クライアント仮想化基盤では、効率化と営業力強化のいずれもが実現できる必要があったのです」と語るのは、北陸銀行 IT企画グループ長の富永英司氏だ。

銀行には、金融的な処理を行う「勘定系」と、メールやグループウェアの利用といった一般的なオフィスワークに利用される「情報系」というシステムがある。これらのうち「勘定系」に当たるシステムは、2011年に横浜銀行、北海道銀行との共同利用システム「MAJER」へ移行することでグループ内のシステム統合を完了させていた。

○XenDesktop選択の理由はモバイル推進や安全なインターネット活用

日中業務に利用するシステムと夜間バッチを行うシステムのリソース共有化や両銀行でのシステムの共同化によるコスト削減とともに重視されたのが、ワークスタイル変革の実現だった。タブレットによる営業推進と事務効率化を目指すにあたって、新システムではモバイルでのユーザビリティが重視された。

「以前からVMware製品によるデスクトップ仮想化は導入していましたし、Windows端末からモバイル利用が可能な状況にありました。しかし、実際に利用しようとすると、操作の遅延があって利用しづらいなど、多くの課題がわかったのです」と富永氏。

しかも、セキュリティ強化の目的で業務システムとインターネット環境を物理的に分離していたため、業務用に用意されたコンテンツしか利用できず、自行のWebサイトにある金融商品の紹介ページすら参照させることができなかった。

「営業品質の均一化は銀行にとって大きな課題です。実用的なモバイルツールがあれば、動画を利用した営業活動もできます。商品説明はコンプライアンスを踏まえて行うため表現が難しいところもあるのですが、動画にできれば営業品質が向上すると期待できます」と語るのは、ほくほくフィナンシャルグループでシステム開発を担当する北銀ソフトウエアの開発第一部 担当部長である堀洋人氏だ。

セキュリティを確保した上でインターネットを上手に利用し、モバイル環境で動画を活用した業務も行いたい。そうしたはっきりとした目標をもって選択されたのが「Citirx XenDesktop」だった。

○モバイル環境のスムーズさや対応力を高く評価

システム面をSIerに任せきりにするのではなく、一緒に納得できるものを選定したいという思いから、選定は銀行と北銀ソフトウエアが共同で行った。

「2014年にシトリックスのツアーに参加してシリコンバレーに行った時、導入を検討していました。そのあと、社内の一部でテスト利用を実施。2015年10月から具体的な情報収集を行い、2016年の年始から3カ月で要件定義を行いました」と堀氏。

具体的な選定にあたっては、先に述べたモバイル環境でのユーザビリティについて細かなチェックを行ったという。

「他社製品とも比較しましたが、モバイルの使い勝手はXenDesktopが明らかに勝っていました。例えば、電波環境が悪い時、ユーザーはいろいろな操作を試しますよね。その操作が後から一斉に反映されて画面が追いついて動くのでは困るわけです。その点、XenDesktopは環境が悪い時でも動作し、途中で行った不要な動作は省略されるなど、現場での実利用がしやすい仕様でした」と富永氏は語る。

導入決定前には実際に利用するであろうWindowsタブレットを4機種用意し、全モデルでの利用検証を行った。これは端末ごとの性能差や癖による使い勝手が違う可能性を考えて行ったものだが、そうした細かい要望にも応えてくれたということでシトリックスへの信頼感が高まったともいう。

「操作性やパフォーマンスを最重視したので、テスト利用で問題点を感じることはなく、動画もコマ落ちせずにLTE回線でも十分に動いてくれるXenDesktopを高く評価しました。セキュリティ面では他社製品とそれほど大きな差があるとは感じませんでしたが、細かな設定ができて柔軟性が高いと感じました。コストメリットも十分でしたし、北海道銀行では以前からXenAppを利用していたので、運用の実績も信頼性も十分ありました」と堀氏は選定の経緯を語った。

●時間をかければよいわけではない - 短期間での導入へ
○短期間でシンプルな基盤を整えて需要に合わせた拡大を予定

北陸銀行ではXenDesktopの基本的な業務利用を2017年初頭からスタートさせる計画で動いている。タブレットの業務活用などを含め、利用機能を順次拡大する形で導入し、2017年前半で新システムへの完全移行を完了させる予定だ。

「12月中旬にはタブレットの配布を行い、実際の利用方法は各店舗で研修を行えるようにする予定です。導入の最終決定が7月でしたから、稼働まで5カ月。タブレット配布までにある程度の期間が必要と考えるとさらに短期間での導入なので大変ではありますが、シトリックスのサポートを受けてうまく進められています」と堀氏は語る。

非常に短期間での導入だが、これは「最新のものをシンプルに」という意思に基づいてのことだという。「時間をかけて導入すれば慎重というものではありません。時間をかけすぎると現場も変化します。シンプルな基盤を導入し、今後必要に応じた対応が行いやすいことが大切だと思います」と富永氏が語れば、堀氏も「システムの寿命は5年ですから、1年かけて導入したとすれば全体の20%を導入に費やしてしまっているわけで、時間を無駄にしたとも言えます。時間をかけすぎるのはよくありません」と指摘する。

導入にあたって、現場には具体的な端末選定に関わってもらうなどして、経営戦略を実現するには必要なシステムであると、移行を決行した。モバイル環境の改善やインターネットサービスの利用など、現場にとって便利なシステムになっており、教育など行いながら反応を見る形だ。

「全行員にタブレットを配布するわけではなく、外出の多い渉外1000人を中心に役職者などに合計1700台を配布予定ですが、彼らは外出先でもオフィスでも同じ端末を利用できるようになります。また、行内で働く行員もインターネットが利用できるようになるため、クラウドサービスなども活用する予定です。動画コンテンツは投資信託や資産運用、ライフプラン設計などについて用意したいですね」と堀氏。

さらに、Skype for Businessを利用した遠隔での対話を内部での会議的な用途ではなく、対外的な営業活動に利用したいという要望も持っている。

「専門性の高い商品やサービスについて全拠点に人材を配置するのは難しいですが、Skypeを利用して遠くの専門家がお客様に直接対応できればと考えています。例えば、相続発生時に遠隔地にいるお子様に近くの支店までいらしていただいたり、担当者とどこかで落ち合ったりして話し合いに参加していただくようなこともできたらいいですね」と富永氏。地方銀行として上京した子世代と地元に残る親世代の仲立ちとなるような活動もして行きたいという意向だ。

さらに今後、メールやスケジュールといった一部機能に絞り込みはするものの、BYODにも対応する予定だ。これはWindowsタブレットを支給されている行員でも、緊急時は手元のスマートフォンで対応できたほうがよいだろうという判断で、募集形式で実施される予定だ。

動画利用や遠隔地対応については、顧客側で受け入れの風潮が整うことも重視している。単に便利にするだけでなく、顧客ニーズに合わせた対応力の向上や業務効率化を目指している北陸銀行の、今後の活躍に期待したい。

(エースラッシュ)