秋川氏が取引する豪ドル/円はリーマンショック時の55円が最安値。そこを割っても資金が枯渇しないよう資金に余裕を持たせているため、安心してほったらかせると秋川氏

写真拡大

FXの最新トレンドが「リピート系注文」。ほったらかしでも自動的に取引してくれる点が魅力だが、最大の関心は「本当に稼げるか」の一点に尽きる。実践する2人の会社員トレーダーにその“真価”を聞いてみた!

「今年は4月からずっとほったらかし。一度も発注していないんですが、67万円の利益です」

 そう語るのは、副業としてFXを取引する会社員の秋川匡人氏。武器にしているのが、「リピート系注文」と呼ばれる機能だ。

「設定した幅だけ価格が動くと自動的に買いと利益確定を繰り返すのがリピート系注文。ほったらかせること、またいわゆる自動売買と違い仕組みがシンプルで利用しやすいことから、副業的にFXを利用したいサラリーマンを中心に人気を高めています。自分の判断で勝てなかった人が、リピート系注文を使うと勝てるようになったという話はよく聞きます」(FXライターの高城泰氏)

 会社員として働きながらリピート系注文を利用するサトウ カズオ氏もそんなひとりだ。

「FXを始めて2か月でリーマンショックが起きて、300万円の損失。FXで失敗して自殺する人の気持ちがわかりました。立ち直るのに結構な時間が必要でした」

 しかし、サトウ氏はリピート系注文を利用してFXを再開した。

「仕事して食事して風呂に入って寝て……FXはスマホでたまに確認するくらいです。でも、7月から10月までの4か月で100万円以上の利益でした。この間、米ドル/円は100円から107円程度でレンジになっていたのが好調の要因。リピート系注文はレンジ相場だと新規と利益確定の取引を繰り返してくれ、非常に勝ちやすいんです」

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=117662

 お手軽なFX手法として魅力的だが、うまく利用するコツがある。

「ひとつは資金管理。リピート系注文は身近な米ドル/円やスワップ金利の高い豪ドル/円の買いで利用する人が多いんですが、それだと円高時に含み損が増えてしまう。資金が足りなくなればロスカットされ、運用を続けられなくなってしまいます。それをいかに避けるがポイントです」(高城氏)

◆活用のポイントは資金管理と円高対応

 円安時にコツコツ稼いだ利益を、円高時にやられてドカンと吐き出してしまうのがリピート系注文の典型的な失敗例。では、豪ドル/円の買いでリピート系注文を利用する秋川氏の円高対策は?

「資金に余裕を持たせています。豪ドル/円は超長期で見ると55円から108円程度の間で動いています。このレンジが今後も継続すると想定して、55円を割っても資金が不足しないよう取引量や取引する幅を設定しています」

 秋川氏の資金は約300万円。豪ドル/円が80銭動くごとに4000通貨ずつ新規の買いと利益確定が行われる設定にしている。

「55円から108円のレンジの上側で買ってしまうと高値づかみのリスクがあるので、レンジの上半分は捨てる。それにレンジの下限ギリギリまで発注すると資金効率が悪いので、発注範囲を66円から88円に絞っています。発注範囲を絞ることで資金に余裕を持たせやすくなる。リーマンショック時の安値55円はもちろん、これなら51円を割ってもロスカットされることはありません」(秋川氏)

「100年に一度」と言われたリーマンショックが再来してもOKだから、よほどの事態が発生しない限り、リピート系注文が稼ぎ続けてくれるはずだ。一方、米ドル/円の買いを中心にリピート系注文を利用するサトウ氏のやり方は少しばかり異なる。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=117663

「資金管理はもちろん大切ですが、円安でも円高でも利益確定が発生する状況をつくることもできます。売りのリピート系注文を同時に走らせるんです。今は米ドル/円の買いとともに、NZドル/円の売りのリピート系注文を同時に使用しています。円安なら米ドル/円が儲かるし、円高ならNZドル/円が稼いでくれる。ただ、NZドル/円はリスクヘッジ用なので取引量を少なめにしているので、円安のほうが助かることは事実です」(サトウ氏)