画像

写真拡大

 生活者の行動データをもとに分析を行うソリューション「マチログ」が、12月上旬からリリースされる。第1弾は渋谷・表参道エリアが対象となっている。

 電通は、ドコモ・インサイトマーケティング、エリアレポートの作成サービスの提供などを行うマイクロベースと協業し、生活者の行動データに基づく分析ソリューション「マチログ」を12月上旬から提供開始する。

 「マチログ」では、全国で約7,000万台におよぶドコモ携帯電話の基地局情報を活用した「モバイル空間統計」データのうち、特定の1カ月間のデータを活用した分析が行うことができる。モバイル空間統計データは、集団の属性と人数のみを表す人口統計情報であるため、ユーザー個人を特定することはできない。ただし、その人口カバー率の高さから、実態に近い数値が捕捉できる。

 また、同データは最小でも250mのメッシュサイズだが、位置情報・統計情報の分析を得意とするマイクロベースのテクノロジーを使うことで、25mメッシュへのダウンスケーリングを実現した。

 そして今回、第1弾として渋谷・表参道エリアの分析ソリューションをローンチ。これにより、今まで数値化・可視化が難しいとされていた屋外広告の伝達度合を、25mメッシュごとに性別・年代別・曜日別・時間帯別の軸で集計することが可能になった。

 今後は東京の他エリアを含む、全国主要7地区(東京/大阪/名古屋/札幌/福岡/仙台/広島)の繁華街エリアへとサービスを拡大していく予定だ。さらに、年末年始やゴールデンウイーク、ハロウィンといった特異な行動パターンが想定される時期の分析・可視化にも取り組んでいく。

MarkeZine編集部[著]