Twitterキャンペーンで1万名に当たる先行飲み比べセット

写真拡大

フルーツフレーバーウォーターNo.1ブランド「い・ろ・は・す」の新フレーバー「い・ろ・は・す なし」(税別130円)が、11月28日(月)から全国で販売される。

【写真を見る】先行飲み比べセットの中身

発売を直前に控え、Twitterキャンペーンで1万名に当たる先行飲み比べセットを入手。ひと足早く「い・ろ・は・す なし」と「い・ろ・は・す もも」を飲み比べてみた

先に昨年10月の発売以来、爆発的な売れ行きで人気No.1まで上り詰めた「い・ろ・は・す もも」を飲んでみる。

キャップを開けると、早速ももの芳醇な香りが漂う。一口に含めば、しっかりとももの味わいを感じられる。

飲みやすさは抜群。後味もすっきりしていて、飲むというよりも、ももを食べたような感覚と表現できそう。さすがはフルーツフレーバーウォーターNo.1と言ったところか。

続いて期待のフレーバーでNo.1の「い・ろ・は・す なし」。

昨年8月に「い・ろ・は・す」の公式Twitterアカウントで「い・ろ・は・す新製品予想!次に登場する製品はどれ?」という、新フレーバーを4択から予想する投票から生まれた商品。「なし」「ぶどう」「もも」「うめ」からの選択で、41パーセントで得票率1位となったのが「なし」だった。

ファンの絶大な支持から生まれた新フレーバー。「い・ろ・は・す もも」は山梨県産のももエキス入りだったが、こちらは鳥取県産なしエキスを加えている。

こちらもキャップをひねると、なしの香りが鼻腔を刺激してくる。期待感が最高潮になったところで、一気に飲んでみた。

口のなかいっぱいに広がるみずみずしさ。なしにかじりついて、果汁が溢れてきたみたいだ。あっさりとした甘み。ゴクゴクと流し込め、大げさではなく五臓六腑に染みわたっていく。

キンキンに冷やすと、さらに味わい深くなる一本。No.1フレーバーのももの地位を脅かすかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】