ボタンの凹凸も忠実再現、「Iコン」「IIコン」を用意

写真拡大

バンダイナムコグループのバンプレスト(東京都港区)は2016年11月23日から、全国のアミューズメント施設にプライズ(景品)として「任天堂 ファミリーコンピュータコントローラ型名刺ケース」を順次投入する。

かつて人気を博した任天堂の家庭用ゲーム機「ファミコン」。11月10日に、手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」として復活発売され、当時のファミコン世代などから注目を集めている。

名刺ケースは、その「ファミコン」のコントローラーがモチーフ。

スタート/セレクトボタンを備えた「Iコントローラー」型と、マイクを備えた「IIコントローラー」型の2種類を用意。素材にアルミを使用し、色味や光沢、ボタンなどの凹凸も忠実に再現したという。2面開閉式を採用し、自分と相手の名刺を分けての収納も可能だ。