ペルーのリマで開かれている第24回アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席しているオバマ米大統領と習近平中国国家主席が19日(現地時間)、会談した。

会談では、核実験とミサイル発射実験を繰り返す北朝鮮に対して厳しい姿勢で臨み、朝鮮半島の非核化のため努力していくことで合意したと、時事通信や韓国メディアが報じた。

国連安全保障理事会が北朝鮮への制裁を強化する中、中国は協力する姿勢を見せているが、オバマ氏はより厳しく制裁を履行するよう周氏に要求。さらに、新しい制裁についても協議したという。

来年1月で任期を終えるオバマ氏としては、今回の周氏との会談は9回目で最後の会談となる。