アサヒスーパードライ(「Wikipedia」より)

写真拡大

 アサヒグループホールディングスは、英ビール大手SABミラーの東欧5カ国のビール事業の買収を検討している。SABを買収した世界ビール最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が実施する入札に参加する。

 売却の対象はハンガリー、ポーランド、チェコ、スロバキア、ルーマニアのビール事業。SABミラーのシェアはスロバキアでの2位を除き、4カ国で首位。チェコの人気ブランド「ピルスナーウルケル」が含まれている。

 買収額は5000億円規模に上るとみられている。欧米のファンドやアジアのビール会社も入札に参加するといわれており、激しい争奪戦になるのは間違いない。アサヒは来春までの合意を目指す。

 SABミラーは世界2位。「バドワイザー」で知られる世界首位のベルキー・ABインベブと経営統合し、世界シェアの3割を握る巨大企業が誕生した。各国の独占禁止法に抵触するのを避けるため、SABミラーの事業の売却を進めてきた。今回の東欧のビール会社の売却もその一環だ。

 アサヒは2月、イタリアの有力ブランド「ペローニ」、オランダの「グロルシュ」、英クラフトビール「ミーンタイム」など、SABミラー傘下のビール4社を買収することに合意した。ABインベブによるSABミラーの統合が10月10日に完了したため、アサヒは10月11日に買収手続きを完了した。買収額は2945億円だった。

 英国に新設したアサヒヨーロッパが4社を傘下に収めた。2016年3月期の、4社の単純合計の売上高は860億円、営業利益は150億円。この買収でアサヒの海外売上高比率は16%に上昇する。

 アサヒには、海外事業を伸ばさなければ成長できないという危機感がある。海外展開でキリンホールディングスやサントリーホールディングスに大きく水をあけられており、海外でのM&A(合併・買収)の強化でライバルを猛追する構えだ。

 東欧のビール事業の買収が決まれば、買収額は8000億円規模になる。アサヒは社運を賭けて勝負に出た。勝算はあるのだろうか。

●買収総額は1兆円超か

 アサヒは、国際事業を今後の成長の柱と位置づけている。16年1〜9月期の国際事業の売上高は1604億円で、営業利益は79億円。全社に占める国際事業の比率は売上高で11.7%、営業利益は7.7%にとどまる。

 対して、ライバルのキリンホールディングスの16年1〜9月期の海外綜合飲料事業の売上高は4208億円で全社の27.3%、営業利益は313億円で27.2%を占める。

 海外展開でアサヒはキリンに大差をつけられている。その挽回策が海外M&Aである。

 そこで、欧州ビール会社4社を買収したのに続き、東欧5カ国のビール事業の買収に手を挙げた。さらに、ベトナム国営ビールメーカー、サイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)の買収を目指し、ベトナム政府が11月に実施する入札への参加を前向きに検討している。買収額は2000億円程度とみられており、これも含めると買収総額は1兆円を超える。

 日本国内の市場縮小が続くなか、アサヒは乾坤一擲の勝負に出た。だが、東欧事業やベトナムの入札には、欧米のファンドやアジアのビールメーカーの参戦も取り沙汰されている。首尾よく買収できても、高値づかみになるリスクがつきまとう。アサヒは、果たして国内企業から脱皮できるのか。17年に最大の転機を迎える。

●中国の頂新ホールディングの株式評価損を371億円計上

 アサヒの16年1〜9月期連結決算の売上高は、前年同期比0.5%増の1兆3655億円と横這い。営業利益は9.7%増の1026億円と増益だったが、純利益は360億円と47.8%減った。

 子会社を通じて出資する中国の食品大手、頂新ホールディングの株式評価損を371億円計上したことが響き、減益になった。頂新ホールディングは中国経済の減速が逆風となり、即席麺を製造する子会社の業績が悪化した。

 ドル箱のスーパードライの販売数量は3.8%減った。第3のビール、クリアアサヒは10.5%増と好調。第3のビールが、ビールや発泡酒の落ち込みを補い酒類事業の売上高は1.3%増えた。

 国際事業は為替の影響(258億円の目減り)で11.8%の減収。国内3事業(酒類・飲料・食品)が堅調だったことから全社の売上高は微増となった。

 16年12月期(通期)の売上高は前期比0.5%増の1兆8750億円と予想する。買収した欧州4ビール会社が連結決算に加わることから150億円上方修正した。営業利益は4.1%増の1407億円、純利益は4.7%増の800億円と従来の見通しを据え置いた。欧州のビール事業買収に伴う関連費用がかさむためだ。

 国際事業は年間の予想で売上高は4.4%減の2394億円、営業利益は16.2%減の117億円の見込み。欧州ビール事業の買収で売上高は増えるが、為替の影響で減収となる。営業利益は買収費用55億円を計上するため減益としている。
(文=編集部)