メディアや有識者はリベラルなエスタブリッシュメントばかりと接触していたので情報にバイアスがかかっていたと考えられる Photo by Keiko Hitomi

写真拡大

日米のメディア、有識者が予想を外し続けた米国の大統領選。米共和党保守派に独自のパイプを持ち、予備選段階から一貫してトランプ勝利を予測してきた渡瀬裕哉・早稲田大学招聘研究員に、勝利予測の根拠や日本人識者の米国人脈リスクについて聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 山口圭介)

――日米のメディア、有識者の大半が米大統領選の結果を予測できませんでした。

 多くの日本人は、ステレオタイプのトランプ像を撒き散らすメディア、有識者らの言説を信じこまされて、米国の大統領選の行方を大きく見誤ってしまいました。

 世論調査をしっかりと読み解けば、リベラルの有識者やメディアがトランプ憎しで垂れ流すイメージとは異なるトランプ支持者の実像が浮かび上がってきます。

 日米のメディアは米大統領選で、共和党予備選の段階からトランプ氏を泡沫扱いして、最後まで罵詈雑言に近い論評を発表し続けていました。

 ただ実際のところ、トランプ氏は予備選で、早々に候補者の中で支持率1位を獲得していたし、一瞬だけ医師のベン・カーソンに肉薄されたけれど、その後は支持率トップを維持し続けていたので、数字を見れば、トランプ氏の予備選勝利は見えていました。

 ところが、日米のエリート層のメディア、有識者は自らが属するリベラルなコミュニティにおいて、「トランプが勝つ」とは言えなかった。言ってしまえば、場がしらけるので、自分たちが見たい願望を見ていただけです。

米国のリアルを理解していなかった
日本のメディア、有識者

――多くのメディアは、世論調査の結果からヒラリー優勢を伝えていました。

 その根拠も薄弱でした。本選挙直前の10月30日発表に発表された世論調査では、女性の半数はヒラリー支持でしたが、白人女性に限定するとトランプ支持の割合の方が高く、メディアが糾弾してきた女性蔑視発言があっても、女性からの一定の支持を維持していたことが分かります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)