「ガルパン」とコラボした
カップヌードルが登場 (C)GIRLS und PANZER Film Projekt

写真拡大

 アニメ「ガールズ&パンツァー」と日清食品の人気商品カップヌードルによるコラボレーションプロジェクト「つるつる作戦」がスタートする。総作画監督の杉本功が描き下ろした西住みほら「あんこうチーム」の6人のイラストがデザインされたカップヌードルとオリジナルグッズのセットが販売される。

 「ガールズ&パンツァー」は、女性の伝統武芸として、戦車を操って戦う「戦車道」が普及した日本を舞台に、主人公のみほが所属する大洗女子学園の戦車道チームの活躍を描く。2012年にテレビアニメが放送され、15年に公開された劇場版も大ヒットを記録したほか、新作「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作も発表された。

 コラボ商品は、11月14日午前10時から日清食品グループ オンラインストアの特設ページで販売。あんこうチームイラストのカップヌードル6食とオリジナルデザインのA2サイズポスター、作中に登場する砲弾を再現したカップヌードルを3食分入れることができる砲弾型ストッカーを、木箱風特製ケースに収めた「カップヌードル ガールズ&パンツァーパッケージ 砲弾型ストッカーセット」と、オリジナルデザインのダンボールと、6種類のクリアファイルが付属する20食入り「カップヌードル ガールズ&パンツァーパッケージ」が発売される。「砲弾型ストッカーセット」が2500セット限定で2万9800円、20食入り「カップヌードル ガールズ&パンツァーパッケージ」が4000セット限定で4980円(いずれも税抜き)。