公開初日舞台あいさつに登壇した(前列左から)佐藤二朗、柳葉敏郎、陣内孝則監督、中井貴一、大地康雄、(後列左から)入山法子、浅利陽介、山崎樹範、木南晴夏、渡辺大/(C)2016「幸福のアリバイ〜Picture〜」製作委員会

写真拡大

映画「幸福のアリバイ〜Picture〜」の公開初日舞台あいさつが行われ、陣内孝則監督をはじめ、中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、浅利陽介、木南晴夏、入山法子、渡辺大、佐藤二朗が出席した。

【写真を見る】山崎樹範、木南晴夏、入山法子、渡辺大らが出演した「結婚」/(C)2016「幸福のアリバイ〜Picture〜」製作委員会

陣内監督は、初日を迎えたことに「ホッとしています。柳葉さんや中井さんを舞台あいさつに担ぎ出しながらも客席が埋まってなかったらどうしようかと不安だったけど、安心しました」と超満員の客席に満足げ。

中井は「陣内監督からは“気になる本がある”というようなメールが来まして、この時点で断れないなと思いました(笑)。陣内さん的には重くならないように軽くしているのが見えるメールの内容でしたが、こちらからあえて“はまって”いくような仕事をさせてもらいました」と振り返る。

柳葉は「陣内さんは監督としての自分を演出しながら現場に入っていたような気がする。スーツ姿で現場に着て、役者に“暑い”と言わせない空気を作る。だから“暑い”とは言えませんでしたね」と撮影の舞台裏を告白。

陣内監督が「現場では役者に敬意を示さなければいけない」とスーツ姿の理由を説明するも「でも、結果としてはすごく暑かった。無理することはなかったね」と反省していた。

また、大地は「陣内監督の作品に対する情熱が半端なかったから掛け声も大きくて、近所の方が『何事か?』と外を見ていたくらい」と陣内監督の気合を明かし、「陣内監督は俳優もやっているので、普通の監督よりは俳優の気持ちや感性に対する理解が深く、やりやすい現場でした。これからも監督として活躍してほしい」とエール。

佐藤は、若手時代に山崎と共演したドラマ「人間の証明」('04年、フジ系)の顔合わせ時を振り返り、「そうそうたるメンバーがいる中での顔合わせの時に、『頑張ります!』とヤマシゲが言ったあいさつをふと思い出しました。そして今、そうそうたるメンバーがいる舞台に二人して立てていることが感慨深い。この僕のあいさつは、ヤマシゲへのご祝儀代わりです」と、今月11日に吉井怜と結婚した山崎を祝福した。

そして、山崎が「先週11日に入籍しました! 怜ちゃん大好きだよ!」と報告すると、陣内監督は昨年末に結婚した浅利にも触れ「完成披露試写会で映画を見て、結婚が決まった方が6人くらいいる。中にはポルシェが当たった人もいるみたい。それくらい見たら幸せになる縁起のいい映画なんです」と“幸せ”に便乗。

同映画で山崎と共演した木南は、「山崎さんはキャラクターについて“そのままの僕”と言っていたので、映画そのもので山崎さんの新婚生活をのぞいてようになっているはず」と新婚をいじっていた。

最後に陣内監督が「大胆さもセンセーショナルさもバイオレスもない映画ですが、面白い作品です。面白いと思ったら面白いと、つまらないと思ったら“面白い”と言ってください。周囲には『君の名は。』と『シン・ゴジラ』を足して2で割ったような映画とうそをついて広めてください」と笑わせて締めくくった。