全員がリブートプロジェクトに出演

写真拡大

 1971〜88年に1100本が製作された成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」が11月20日に45周年を迎えたことを記念し、第1作「団地妻 昼下りの情事」(当時は「色暦大奥秘話」と2本立て)の特別上映が、東京・新宿武蔵野館で行われた。上映前には、同作の主演を務めた白川和子と、日活ロマンポルノを5人の人気監督が復活させる「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」に出演した女優陣が勢ぞろいし、45周年を祝うとともに出演作の魅力を語った。

 イベントに参加したのは、白川と日活ロマンポルノ黄金期を支えた風祭ゆき、芦那すみれ(行定勲監督「ジムノペディに乱れる」)、間宮夕貴(塩田明彦監督「風に濡れた女」)、井端珠里(白石和彌監督「牝猫たち」)、冨手麻妙(園子温監督「アンチポルノ」)、飛鳥凛(中田秀夫監督「ホワイトリリー」)。会場には多数の報道陣だけでなく、女性や若者の観客も多く見られ、人気の高さをうかがわせた。ロビーには70年代当時の新聞が掲示されたほか特設セットもお目見えし、45周年を盛り上げた。

 白川は、「『ロマンポルノでダメだったらソープランド行きだよ』と言われて作っていた。がけっぷちに立たされた状態で演じていました」と当時を振り返る。ファンレターの中にナイフが入っていたり、家族ともどもバッシングにさらされたりと壮絶な苦労をくぐり抜けてきたそうだが「映画監督たちの『映画の灯を消したくない』という思いをひしひしと感じていました。1滴から始まって、45年経つと大海になる」と胸を張った。白川と風祭はそれぞれ「牝猫たち」と「ジムノペディに乱れる」にも出演しており「女優さんがあっぱれ。堂々としているところがびっくりした」(白川)、「ほぼみんなオーディションと聞きました。自分から進んでやったのはすごい。ロマンポルノのリブートに乗ってくれる若い女優さんがいるのがうれしい」(風祭)と目を細めていた。

 2人からバトンを渡された女優陣は「ファーストカットが濡れ場だった」(芦那)、「2週間リハーサルをして、作品全部を何回も通し稽古した」(冨手)、「自転車で海に突っ込んだ」(間宮)、「女性同士のラブシーンに初挑戦した」(飛鳥)とそれぞれの作品で女優魂を発揮。「本物の緊縛師の方に初めて縛られてつられた」という井端は、「思いのほか痛くて号泣したんですが、(共演の)白川さんが包んでくださり『これからはあなたたちの時代なのよ』と声をかけてくださった」と大先輩に最敬礼。白川は「素敵な後輩たちができたので、私はこれでお役御免です」と“卒業宣言”し、会場は温かな拍手に包まれた。

 「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」は、上映時間80分前後、10分に1回の濡れ場を入れる、製作費は全作品一律、撮影期間は1週間、完全オリジナル作品といった統一ルールが敷かれ、各監督が同条件で制作を行った。行定監督の「ジムノペディに乱れる」(11月26日公開)を皮切りに、塩田監督作「風に濡れた女」(12月17日公開)、白石監督作「牝猫たち」(17年1月14日公開)、園監督作「アンチポルノ」(17年1月28日公開)、中田監督作「ホワイトリリー」(17年2月11日公開)の順で、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。