Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠中に気になるおりものの状態...知っておきたい普段と違う変化

写真拡大

おりものは女性の体を守る重要な働きを持っています。 女性ホルモンと関係があるので、ホルモンバランスが大きく変わるときに、おりものも変化します。 妊娠するとどんな変化があるのか、心配なおりものについても知っておきましょう。

要チェック項目

□おりものは生理や妊娠など、女性の体の変化を知らせる目印になる □生理前は白っぽいおりもので量が増え、妊娠中はさまざまな理由で血が混じることもある □いずれも血が混じる場合は心配なケースもあるので、経過観察し、できれば受診するようにする

おりものって何?

おりものの働き

おりものは、膣の古い細胞や分泌物からできています。おりものの働きは、膣からの雑菌の侵入を防ぐことにあります。さらに、精子が卵子まで届くように助ける役割を果たし、妊娠をスムーズにします。

おりものに注意しておくべき理由

おりものは女性の体の変化を表します。女性ホルモンと関係があるので、年齢や体の成熟によって変化があります。閉経期になると女性ホルモンが現象するので、おりものの量も減少していきます。

生理前のおりものはどんな感じ?

生理と関係ないときのおりもの

生理や妊娠と関係ない時期に出るおりものは、透明で匂いがなく、サラサラしたおりものというのが基本です。量の多さには個人差があります。

生理前のおりもの

排卵日の頃になると、おりものが増えます。この時期は、ドロっとした白っぽいおりものがたくさん出ることがあります。

こんなおりものが出たら注意

おりものの量が急に増えたり、血が混じる(ピンク、赤、茶褐色)、黄色い、悪臭がするといった場合には注意が必要です。 重篤な病気を発症している可能性もあるので受診しましょう。出血の場合、出たばかりのおりものは赤いですが、時間が経つと酸化して茶褐色になり、色が濃くなります。

妊娠初期に起こるおりものの変化

着床前後におりものの量が増えることがあります。サラサラしたおりものであれば、一時的に量が増えても特に問題はないようです。 この時期は酸性に偏って膣からの雑菌の侵入や繁殖を予防っしてくれていますが、pHが妊娠によって変化するので、いつもより臭うことがあります。 また、生理の時期ではないのに、おりものに血が混じっているということもあります。受精卵が子宮壁に着床するときに子宮内膜から出血することがあり、このときの血がおりものに混じって出ていることがあるからです。 あくまで可能性の一つで、この段階の妊娠はごく初期の妊娠なので、受診してもまだ正確な判断ができません。 出血のほかに、お腹の痛みや臭いなどがないかチェックしてください。おかしな様子がある場合は受診したほうがよいでしょう。

妊娠中・後期に気をつけておきたいおりものの変化

妊娠中期

赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮も大きくなっていきます。赤ちゃんに栄養や酸素を渡す重要な役割を持つ胎盤は週数ごとに5mmずつ大きくなります。 胎盤は血管がたくさん集まってできているので、大きくなるときに出血することもあります。このときおりものにも血が混じって、ピンクや赤になることがあります。 ごく少量であれば問題ありませんが、ずっと続いたり、お腹が張る、痛いなどの症状があれば受診しましょう。明らかに出血と分かる真っ赤なおりものが出たら、早急に受診しなければなりません。

妊娠後期

妊娠後期でも、中期と同じように出血するケースがあります。妊娠後期で気をつけたいのは切迫早産の危険です。ピンクや茶色、赤っぽいおりものが出て、さらにお腹が張る、痛いなどの症状があれば、すぐに受診します。

おりものの変化に気づいたら

まずは様子を見る

一時的で少量の変化であれば、慌ててクリニックに駆け込まなくても大丈夫です。 数日間様子を見て、ずっと続いたりひどくなったりするようであれば受診しましょう。断続的にでも繰り返すような場合も受診することをおすすめします。

こんなときはすぐ受診する

おりものに色や臭いの変化があるときは念のため受診しましょう。心配なおりものには、次のようなものがあります。妊娠と見分けがつかないことが多いので、専門医で調べてもらいます。 ・黄色が強いおりもの…細菌性膣症の可能性があります。 ・ねばねばしたおりもので、性器にかゆみがある…カンジダ膣炎の可能性があります。 ・泡だったおりもので悪臭がする…トリコモナス膣炎の可能性があります。

気になる変化があったときは念のため受診しましょう

普段からおりものは出るので、あまり気をつけて見ていない人も多いかもしれません。 しかし、ごく初期の妊娠を教えてくれますし、妊娠中も危険を知らせるサインになっていることがあります。 おりものをよく観察して、毎日の変化に注意しておくことをおすすめします。 (監修:Doctors Me 医師)