CROSS GENE タクヤ、日本ミュージカル「黒執事 〜NOAH’S ARK CIRCUS〜」に出演!

写真拡大 (全2枚)

CROSS GENEのタクヤが日本のミュージカル俳優になった。

18日、東京ドームシティホールで幕を開けたミュージカル「黒執事 〜NOAH’S ARK CIRCUS〜」で、タクヤはインドの王子、ソーマ・アスマン・カダールを神様のように讃える有能な執事、アグニ役を演じた。

同作品は2009年5月の初演以来、毎年舞台が上映されている日本ミュージカル界の人気作だ。イギリス各地で起きた子供誘拐事件を調査する、原作漫画の「サーカス編」のエピソードが盛り込まれている。

タクヤは韓国ドラマMnet「The Lover」を始め、日本映画「RUN60-GAME OVER-」「愛を歌うより俺に溺れろ!」「片想いスパイラル」などに出演し、俳優としての地位を確立している。ドラマや映画に続き、ミュージカルへと領域を広げたタクヤは、これまで作品を通じて積み上げてきた演技力をベースに、ミュージカルデビュー作「黒執事 〜NOAH'S ARK CIRCUS〜」で自分の真価を表すと、期待されている。

タクヤは「多くの方々に愛されている作品に出演することができ、とても嬉しい。初めてのミュージカル出演であるため、楽しみと同時に心配もあるが、長時間にわたり作品と向き合うことのできる機会はとても大切な時間だと思う。『黒執事 〜NOAH'S ARK CIRCUS〜』が大好きなファンたちの期待に応じられるよう頑張りたい」と覚悟を伝えた。

「黒執事 〜NOAH'S ARK CIRCUS〜」は、18日東京を皮切りに、日本全国で舞台を披露する。