米ツアーが誇る長距離砲、ブルックス・ケプカ 彼の知られざる素顔とは!?(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ダンロップフェニックス 最終日◇20日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>
 「招待選手とか関係なく、宮崎には本気で勝ちに来た。全力を尽くして勝つ」。真剣なまなざしで練習日に語ったブルックス・ケプカ(米国)の言葉が印象的だった。
日本ツアー初参戦で早速手にしたトロフィーを掲げるケプカ
 圧巻のゴルフを4日間通した。2イーグル、22バーディ(5ボギー)の通算21アンダー。気づけば大会の最多アンダーパーと最少ストローク記録を更新した。平均飛距離300ヤードのパワーだけでなく勝負どころのパッティングもことごとく決めた。みなぎる気合で追いすがる池田勇太を振り切った。
 世界ランク21位の実力ながら、昨年2月に初優勝した米ツアー・ウェイストマネジメントフェニックスオープン以来、優勝から遠ざかっていた。「とにかく優勝がほしかった。今までいろんな国に行ってきたけど、初めての日本への旅は最高の結果になったね」と、米国期待の26歳は頬を緩めた。
 来月行われるタイガー・ウッズ主催のヒーローワールドチャレンジで2016年を締めくくるが、「今大会の優勝はボクに取って大きな意味を持つ。今、取り組んでいることの方向性が見えてきた。次の目標はもちろんメジャー大会で優勝することだね」と、今大会が大ブレークのキッカケになりそうだ。
 そんなケプカだが、いったんプレーを離れると実にナイスガイ。気さくに取材に応じ、ファンのリクエストにも快く応えるあたりは、米ツアー仕込みだ。連日プレー終了後、クラブハウスに引き上げると、選手専用のサロンで寿司と牛丼に舌鼓を打った。ホテルに戻っても鉄板焼き、宮崎市内にも繰り出し、地鶏、そしてまたまた牛肉。宮崎は思い出深い地になったに違いない。
 「次の大会まで時間があるから、3日間東京に行って観光してくるんだ。渋谷のスクランブル交差点に行ってみたい。恋人の友人が仙台にいるから、彼女と合流して、また東京で楽しむよ」と足早に空港に向かったケプカ。ちなみに、優勝決定後グリーンサイドで熱烈なキスをかわした恋人は9月に引退したばかりの元プロサッカー選手。「サーワ(澤穂希)と対戦したこともあるのよ」とは恋人談だ。
 今大会恒例の宮崎牛一頭の副賞についても「牛丼のレシピをもらわないといけないね(笑)。いくらもらってもおいしいからすぐになくなる予定だよ」と、副賞が空輸されるのも楽しみだ。「来年もまたここに戻ってきたい」と、最後もレストランで焼肉重をぺろりとたいらげ、コースを後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>