『アベンジャーズ』でホークアイ役を演じた俳優のジェレミー・レナー (c)Imagecollect.

写真拡大

12月2日〜4日の3日間に渡って開催されるポップカルチャーのイベント「東京コミコン」!今回は待ちに待ったコミコンの日本開催にあたり、日本ならではの見どころや来日俳優や監督などをご紹介!

<strong><U>そもそもコミコンとは…?</U></strong>
コミコンとはコミックコンベンションの略。1970年代から、アメリカン・コミックやハリウッド映画を中心とするポップカルチャーのイベントとして、毎年7月上旬にアメリカのサンディエゴで開催されている。最近ではアメリカのみならず、フランス、イギリス、台湾などでも開催。アメリカで行われたコミコンでは、最大15万人が集まるなど、年々盛り上がりをみせている。

<strong><U>東京コミコンの魅力</U></strong>
いまや日本は世界から注目を集めるポップカルチャー大国。アニメ、漫画、コスプレなどを目的に来日する観光客も多い。そして今回その日本で開催されることとなったコミコンのテーマは、「最新テクノロジーとエンタテインメントの融合」。東京コミコンでは、日本のポップカルチャーを担う人気イラストレーターやクリエーターたちによる出展、実際ハリウッド映画で使用された小道具の展示、大人数によるコスプレ大会、日本を代表とする食のブースなどなど、幅広いスケールで日本とアメリカそれぞれのポップカルチャーを楽しむことができる。企業ブースではおよそ120社が出展予定。ゲームや映画などに関わる企業の最先端技術を見ることができる。また、人気アメコミのフィギュアやグッズなど、日本では入手困難なものも販売される予定だ。

<strong><U>気になる来日ゲストは…?</U></strong>
東京コミコンに注目が集まった理由の一つは、来日ゲストの豪華さ。今年の東京コミコンに参加するゲストは、『ハリー・ポッター』シリーズでネビル・ロングボトム役を演じた俳優の<strong>マシュー・ルイス</strong>、『アベンジャーズ』でホークアイ役を演じた俳優の<strong>ジェレミー・レナー</strong>、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでピピン役を演じた俳優の<strong>ビリー・ボイド</strong>、さらに、マーベルコミック「スパイダーマン」「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「X-MEN」等の原作者である<strong>スタン・リー</strong>、『エイリアン2』ビショップ役を演じた俳優の<strong>ランス・ヘンリクセン</strong>と、とにかく豪華!来日ゲストとの撮影会、サイン会などもあり、チケットが別途販売されている。

世界中から注目を浴びるコミックコンベンションの日本開催にぜひ足を運んでみては?

【 開催概要 】
■名称: 東京コミックコンベンション(略称:東京コミコン)
■日時: 2016年12月2日(金)、 3日(土)、 4日(日)
※12/2(金)17:00〜20:00 (プレビューナイト) / 12/3(土)・4(日)10:00〜19:00 (ただし4日は18時まで)
※ホール11は日系ポップカルチャー催事同時開催予定
■場所: 幕張メッセ 国際展示場 ホール9・10 (千葉市美浜区中瀬 2-1)
東京コミコン公式ホームページより