清水エスパルスの小林伸二監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 清水エスパルス小林伸二監督がJリーグ史に残る前人未到の記録を達成した。

 20日に行われた明治安田生命J2リーグ第42節で徳島ヴォルティスに2-1で勝利した清水は、J2・2位で来季のJ1昇格を決めた。

 これにより小林監督は、Jリーグ史上初めて4クラブをJ1昇格に導いた指揮官となった。2002年の大分トリニータ(J2優勝)に始まり、2008年のモンテディオ山形(J2・2位)、2013年の徳島ヴォルティス(J2・4位)に続き、清水はJ2・2位でJ1昇格を果たしている。

 “J1昇格請負人”として今季から清水の監督に就任し、見事ミッションを完遂した小林監督。経験豊富な指揮官は過去J1でなかなか結果を残せていないが、来季はどんな戦いを見せてくれるだろうか。

text by 編集部