今日はピザの日!5分調理で絶品ピザを作れる裏技

写真拡大

11月20日はピザの日。ということで、おうちで子どもと一緒にピザを作ってみませんか? とはいえ、生地から作るのはなかなか大変な作業…。そこで、ピザ生地を使わず、様々な材料を代用して簡単ですぐできるお手軽時短ピザのレシピをご紹介します。

なんと調理時間5分 簡単油揚げピザ

このピザで使う生地は、なんと油揚げ。たった5分でできるので、忙しい時やちょっとしたおやつにピッタリです。

◇材料(2人分)

・油揚げ(お好みの厚さのもの)2枚

・ピーマン 1個

・とろけるチーズ 適量

・ピザソース 適量

◇作り方

1)加熱したフライパンに油揚げをのせ、片面だけ1分焼く

2)油揚げを裏返し、ピザソースを塗り、薄く切ったピーマンをのせ、その上からとろけるチーズをのせる

3)蓋をして3分待ったら完成!

油揚げを焼くことで、カリっとおいしい生地に。チーズとの相性も抜群です。お酒のおつまみにもいいかもしれませんね。

春巻きの皮で作るカマンベールパリパリピザ

こちらは春巻きの皮を生地に代用。カマンベールチーズは切れているタイプにすれば、子どもだけでも簡単に作れちゃうのがポイント。だけどオーブントースターを使う時はヤケドしないようにママが見てあげてくださいね。

◇材料(1人分)

・春巻きの皮 2枚

・カマンベールチーズ(100gのもの)1個

・ピザソース 大さじ3

・オリーブオイル 適量

・あらびきコショウ 適量

・乾燥パセリ 適量

◇作り方

1)春巻きの皮を2枚重ね、表と裏全体にオリーブオイルを薄く塗る

2)カマンベールチーズを包丁で6等分に切る(元々切れているタイプは省略)

3)1のふちを1cm程度折り、折っていない部分にピザソースを塗る。その上にカマンベールチーズをバランスよくのせる

5)オーブントースター1000wで5分程度(チーズが溶けるまで)焼く

6)チーズが溶けたら取り出し、パセリとあらびきコショウを適量振りかければ完成!

生地はカリカリ、カマンベールチーズがほどよく溶けて、簡単だけどおいしいチーズピザのできあがり。あらびきコショウは、子どもに合わせて量を調整しましょう。

簡単2種パイシートピザ

上記のレシピを見て、もう少し本格的なピザに挑戦したいと思ったママにはコチラがオススメ。冷凍パイシートで、2種類のピザを作れるレシピです。

◇材料(2枚分)

・パイシート(冷凍)1枚

・とろけるチーズ 50g

■ハムマヨコーンのピザ

・ハム 1枚

・玉ねぎ 1/16個

・コーン缶詰 30g

・マヨネーズ 大さじ1/2

・砂糖 適量

■ソーセージのピザ

・ソーセージ 2本

・ピーマン 1/4個

・玉ねぎ 1/16個

・トマトピューレ 10g

・ケチャップ 大さじ1/2

◇作り方

1)調理開始15分前にオーブンを200℃に予熱。パイシートを冷凍庫から出す

2)玉ねぎをスライスして、10分間水に浸す

3)ピーマンを細く輪切りに、ハムとソーセージを食べやすい大きさに切る。玉ねぎをキッチンペーパーで水切りをする

4)パイシートが柔らかくなったら、軽く伸ばして包丁で横半分に切り、2枚にする。生地の膨らみを防ぐため、パイシートの底や側面にフォークで穴を開ける

5)<ハムマヨコーンピザ>ボールに水を切ったコーンを入れ、ハム、玉ねぎ、マヨネーズ、砂糖を入れて混ぜる

6)パイシートに具をのせる。この時パイシートの周り2cm程度を残すようにする。上からとろけるチーズをのせる

7)<ソーセージのピザ>パイシートに周りを2cm程度残してケチャップを塗る

8)7の上に、ピーマン、玉ねぎ、ソーセージを並べ、トマトピューレを散らし、最後にとろけるチーズをのせる

9)6と8を200℃のオーブンで15分加熱して完成!

少し手間はかかりますが、そのぶん本格的なピザができちゃいます。パイ生地のサクサク感がとてもおいしい一品。

子どもの成長に合ったレシピを選んで、親子クッキングを楽しみましょう! 子どもも自分でピザが作れ、きっと喜んでくれるはず。

(文・山本健太郎/考務店)