し烈な優勝争いを繰り広げた比嘉真美子(手前)と抱擁を交わすテレサ・ルー(撮影:上山敬太)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディス 最終日◇20日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,474ヤード・パー72)>
 『大王製紙エリエールレディス』最終日、2位の比嘉真美子に4打差をつけてスタートしたテレサ・ルー(台湾)は、比嘉の追い上げで1打差に迫られたものの、逃げ切りで今季3勝目を挙げた。
堀奈津佳が記録した「-21」のツアーレコードを3打更新した
 6番まで自身はパープレーで、比嘉は1イーグル・1バーディ、一時は1打差に迫られた。7番からハーフターン後の10番まで4連続バーディを奪取して突き放したものの以後は伸ばせず、逆に比嘉が終盤の3連続バーディで猛烈な追い上げ。最後は1mのパーパットで辛くも逃げ切った。
 「“メッチャ弱い”ですね。4打差あってこんな緊張して、普通じゃなかった。今日は人生で一番緊張しました。賞金女王とか上を目指すにはメンタル面で成長しないといけない」とパットがことごとくショートして、僅差まで迫られた最終日のラウンドを振り返ったテレサ。
 今季は9月の台湾代表としてリオ五輪に出場し、10月には30代前半の日本人と台湾人のハーフである日本国籍の男性と婚約を発表。そして7〜8月に渡り、2か月間の出場できない期間がありながら日本ツアー年間3勝と充実のシーズンで、本人も「最高の1年」。この言葉には「アメリカの女子ツアーの選手たちを見て、もっと強くなりたいと思った」と米メジャー参戦で刺激を受けたことも含まれる。
 今大会も、2013年『アース・モンダミンカップ』で堀奈津佳が樹立した72ホール最小ストローク(PAR72設定)のトータル21アンダーを3打更新するトータル24アンダーを記録。優勝争いを繰り広げたトータル23アンダーフィニッシュの比嘉真美子と共に超えることができた熱い戦いから刺激を受けたというテレサ。来季も日本ツアーが主戦場に変わりはない。来季はボミの3年連続を阻み、自身初の賞金女王戴冠を果たすため、成長を続けるつもりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】さらなる高みへ、テレサ・ルーが“異例”のシーズン途中でギアチェンジ
美女ゴルファーが目白押し!女子プロ写真館