「アントラージュ」ソ・ガンジュン、ソヒに告白するも…

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「アントラージュ」ソ・ガンジュンとソヒがキスした。その場面を見たパク・ジョンミンは大きく驚いた。

韓国で19日に放送されたtvN金土ドラマ「アントラージュ」では、チャ・ヨンビン(ソ・ガンジュン) がアン・ソヒ(ソヒ) にフラれた後、ソヒを避ける姿が描かれた。

先立ってヨンビンはソヒの見舞いに行き自身の恋心を伝えたが、断られた。その後、ヨンビンはイ・ホジン(パク・ジョンミン) に「『倭乱終結者』の台本読み合わせに参加しない」「映画の初会食にも行かない」とスケジュールを調整してほしいと意地を張った。

その際、カン・ハヌルとソヒの熱愛説が報道された。映画関連でソヒに会ったヨンビンは大丈夫かと聞いた。ソヒは「もう別れたのに記事が出て嫌だ」と浮かない表情をした。するとヨンビンは「頑張って」と応援し、彼女のために友達と一緒に場を設けた。ソヒはヨンビンに「これまでドラマや映画撮影で大変だったけど、このような気楽な場を作ってくれてありがとう」と言った。

続いてソヒは、「実はヨンビンが嫌いで断ったわけではない、ただ今は仕事だけに没頭したい」と彼の告白を断った理由を明かした。するとヨンビンは「今の映画が終わったら僕のことを考え直してくれる?」と再び告白し、2人はキスを交わした。

先立ってキム・ウンガプ(チョ・ジヌン) からヨンビンとソヒが会わないように注意しろと言われていたホジンは、ソヒとヨンビンのキスに慌て、今後の展開に対する期待を集めた。