スペシャルダンスタイムに登場した広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜ら

写真拡大

広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥が、11月20日に渋谷・東京体育館メインアリーナで行われた全日本チアダンス選手権大会のショータイムにサプライズ登場した。

【写真を見る】中条あやみはキッズダンサーをほほ笑ましく見つめる

広瀬らは、実在する高校のチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの快挙を描いた青春映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」に出演。チアダンス部の生徒を演じたということで、同イベントでは撮影中に感じたチアダンスの魅力や、特訓秘話などを明かした。

大歓声の中登場した広瀬は「こんにちは! 映画でチアダンスに挑戦させていただいたんですが、本当に華やかで魅力のある競技だと私も大好きになりました」とあいさつ。

中条も「チアダンスで、誰かを笑顔をするという素晴らしさを勉強させていただきました」と、チアダンスに触れて魅力に取りつかれた様子。

撮影に入る前、約半年間ダンスの特訓をしたという広瀬ら。「最初はバラバラだった仲間が、目標に向かって努力してどんどん一つになっていくという物語。いま何かに向かって頑張っている人も、ここにいる選手の方々にも刺さるものがあると思います」と映画の魅力を語る。

さらに「(撮影前は)体がすごく硬くて…スタートも見えませんでした。撮影までにみんなで猛練習したんですが、みんながいたから頑張れましたね」と、仲間と共に撮影を乗り越えたことを明かした。

続いて、司会者の「せっかくなので踊っちゃいますか?」との唐突な提案に、中条、山崎は「やる気満々で来ました!」と笑顔で賛同。作中のダンス監修者が観客にダンスの振り付けをレクチャーし、会場全体でパフォーマンスに挑戦することに。

ボンボンを持った福原ら出演陣とキッズダンサー、そして観客席のチアダンサーが一体となってウエーブも流れるなど、広瀬も「完璧です!」と満面の笑みを見せ、イベントを締めた。

なお、同映画は'17年3月11日(土)に公開される。

【あらすじ】

県立福井中央高校に入学したひかり(広瀬すず)は、中学からの同級生・孝介(真剣佑)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部。しかし、ひかりを待ち受けていたものは、顧問の女教師・早乙女(天海祐希)の「目標は全米大会制覇!おでこ出し禁止!恋愛禁止!」というスパルタ指導だった。周りが早々に退部する中、チームメイト・彩乃(中条あやみ)と共にチアダンスを続ける決意をしたひかりは“全米制覇”に向かって走り出す。