2番目に水の使用量が多いトイレ 節約のために注意すべき5つの特徴

ざっくり言うと

  • お金が逃げていくトイレの特徴をファイナンシャルプランナーが紹介している
  • 便座と温水の温度が高い、フタが開きっぱなし、トイレが古い
  • トイレットペーパーがダブル、レバーの大小を使い分けない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング