I.O.I「不朽の名曲」で爽やかなステージを披露…“花より美しいというメッセージを伝えたい”

写真拡大

今回の活動を最後に、それぞれの道を歩むことになるガールズグループI.O.Iが、最後の「不朽の名曲」ステージで1勝という特別な思い出を作った。11人が一緒じゃないとエネルギーが出ない、と笑っていた少女たちの元気なエネルギーが、観客にありのまま伝えられた成果だった。

I.O.Iは、19日に韓国で放送されたKBS 2TV「不朽の名曲」に出演した。この日は「詩人の歌」特集で、ボブ・ディランからソン・チャンシクまで様々な楽曲が紹介され、晩秋の情緒的な雰囲気を漂わせた。この日はI.O.Iの他にも、キム・ヒョンソン、TAKE、KCM、WAX、キム・バダ、イム・テギョンがステージを飾った。

I.O.Iが選んだ曲は、歌手アン・ジファンの「人は花より美しい」だ。同曲を選んだ理由についてメンバーのキム・セジョンは、「この曲で視聴者や観客の皆様に、花より美しい、というメッセージを伝えたい」と、ニコリと笑った。

元の曲よりリズミカルに編曲した「人は花より美しい」は新鮮な感じだった。I.O.Iが歌ったため一層そう感じられた。爽やかな振り付けとともに安定した歌唱力をアピールする11人の少女たちのステージは、観客から拍手喝采を受けた。I.O.Iはこのステージで大先輩であるWAXを抑えて1勝を獲得した。

メンバーたちは驚きを見せながら「『不朽の名曲』に初めて出演し、1勝することができました。頭の中が真っ白です。良い思い出を作れました」と感想を述べた。

この日I.O.Iは1勝で満足しなければならなかったが、控室で新曲の紹介や特技自慢、熱狂的な観客としての姿を見せ、バラエティセンスも思いっきりアピールした。

この日「不朽の名曲」の最終優勝はKCMが獲得した。