飛び入り参加した広瀬すず、
中条あやみ、山崎紘菜ら

写真拡大

 広瀬すず主演映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のスペシャルダンスイベントが11月20日、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で開催中の全日本チアダンス選手権大会内で行われ、広瀬をはじめ共演の中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥が出席した。

 2009年に福井商業高校のチアリーダー部が、全米チアダンス大会で優勝した実話を映画化。チアダンス部に所属する普通の女子生徒たちが、「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」をスローガンに掲げる顧問のもと努力を重ね、たった3年で全米大会を制するまでの軌跡を描く。

 5人の登場により、会場は興奮の坩堝(るつぼ)に。広瀬は場内を見渡し、「ここにいる選手の皆様にも、刺さるものがきっとあると思います」と呼びかけ、撮影を「体が本当に硬かったので……。撮影に入る半年前に初めてチアダンスの世界を見て、そこから練習を重ねました。皆がいたからこそ頑張れるというのはこういうことだな、と感じました」と振り返る。中条も「ダンスを覚えるのも必死。先生が素敵な振り付けをしてくださって、それを皆で力をあわせながら練習しました。全米大会のシーンは本当にハードでしたが、皆といられたからこそ乗り越えられたと思います」と充実感をにじませた。

 また5人は、82人の子どもたちとともにスペシャルダンスを披露。リハーサルでは会場全体でのウェーブも成功させ、広瀬は「めっちゃきれい、完璧です!」とニッコリ。音楽にあわせて踊りきると、「こんなに大勢で踊ることがなかったから、楽しかったです!」と笑顔をはじけさせ、「素晴らしいチアダンスを通して、ここで皆さんと出会えたことが何よりも嬉しいです」と話していた。

 「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」は2017年3月11日に公開。