パク・ボヨン、愛らしくラブリーな魅力を披露「私は本当に運がよかった」

写真拡大 (全2枚)

ラブリーな女優パク・ボヨンがファッション雑誌「CeCi」12月号で韓中同時に表紙を飾った。

ファッション雑誌「CeCi」のグラビアは、“ロマンチックホリデー”というテーマで撮影が行われた。パク・ボヨンはこのコンセプトを200%生かし、現場の雰囲気をリードした。

愛らしくラブリーなイメージの代表女優として愛されているパク・ボヨンは、今回のグラビアを通していつの間にか成熟した女性のムードまで感じさせた。彼女は久しぶりに「CeCi」と出会い、ファンに良いプレゼントになればと、グラビア1カット、1カット、スタッフから意見を求め、細かくチェックしたそうだ。

グラビア撮影後に続いたインタビューで、パク・ボヨンは映画の中のキャラクターを通して自然に成長していった女優だという言葉に「本当に運がよかったです。いつからか他の人に比べて私のゆっくり流れる時間が長所だと思うようになりました。一般的に制服を3年着るとしたら、私は5年間着ることができ、不思議にも年齢に合う役が少しずつ入ってきました」と感想を明かした。

続いて「個人的に社会で起きる様々なことにとても関心があります。ドラマ『力の強い女ト・ボンスン』を引き受けて脚本を読みながら、とても満足しました。普通の男よりも力が強いから、男性の前でもひるむことなくいつも堂々としています」と韓国で来年上半期に放送を控えているJTBC「力の強い女ト・ボンスン」への愛情を語った。