過去40年の歴史のなかで、初めてパッケージを飾るのはどのコンビか

写真拡大

“M-1の首領(どん)”が“日清のどん兵衛”の顔になる。

【写真を見る】1976年に発売されたロングセラーブランドの「日清のどん兵衛」

日清食品株式会社は、協賛する漫才日本一決定戦「M-1 グランプリ 2016」の優勝副賞として、「日清のどん兵衛」のパッケージを飾る権利を贈呈すると発表。M-1グランプリ2016優勝記念どん兵衛「M-1のどん」として、優勝者決定後にオンラインストア限定で予約販売する。

今年で12回目を迎える漫才頂上決定戦のM-1グランプリ。プロ・アマ・所属事務所の有無にかかわらず、結成15年以内のコンビが出場できる。

今年は3503組がエントリー。「カミナリ」、「スーパーマラドーナ」、「アキナ」、「相席スタート」、「ハライチ」、「銀シャリ」、「スリムクラブ」、「さらば青春の光」の8組が、準決勝を勝ち抜いた。決勝当日に行われる敗者復活戦で最多得票を集めたコンビ1組を加えた全9組で、M-1グランプリ第12代王者を争う。

日清食品の担当者は、今回の商品化の経緯について、「M-1グランプリの優勝芸人にふさわしい副賞は何が良いのか考えました。漫才日本一を決める『M-1グランプリ』を制した芸人は、『王者=どん』だろうということで、どん兵衛の『どん』に掛けて、『M-1のどん』を発売することにしました」とコメント。

「日清のどん兵衛」は1976年に発売された、和風カップ麺のトップブランド。「今年40周年を迎えたロングセラーブランドの『日清のどん兵衛』ですが、過去40年の歴史において、パッケージに載った人はいません。『日清のどん兵衛』の新しい歴史を切り開く王者は誰になるのか?期待しています!」と語った。

「M-1 グランプリ 2016」決勝は、12月4日(日)の18時30分から21時まで、ABC・テレビ朝日系列全国ネットで生放送。「M-1のどん」は優勝コンビ決定後に、「日清食品グループ オンラインストア」限定で予約を開始。2017年1月に発売予定となっている。

日本一のお笑いコンビの行方とともに、どん兵衛のパッケージにも注目しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】