ウイルスによる感染症が起こると、鼻や喉の粘膜を痛めつけるため、だるくなり、鼻水が出て喉が痛くなるなどの症状が出て上気道感染する。
 「通常であれば、そこからウイルス感染が進行して広範囲に粘膜を傷つけ、次いで傷ついた粘膜に細菌感染が起こり肺炎になる。ただし、この時の細菌は以前から棲みついているものが悪さをすることも多い。中でも、肺炎球菌による感染症はその3割以上になります」(同)

 肺炎球菌による肺炎は、潜伏期間が1〜3日とされ、風邪と同じような喉の痛みなどの症状が出るため「風邪がこじれたか」と思いがち。しかしそこは、「ひょっとして肺炎かな」と疑い、すぐに医療機関を受診することお勧めしたい。
 東京社会医学研究センター主任の清水泰樹氏はこう語る。
 「とにかく肺炎の合併症は、副鼻腔炎や中耳炎などの軽いものから、髄膜炎をはじめ生死に関わるものもあるため、軽く考えないでください。今日の高齢化社会は肺炎で苦しむ人が増えており、予防は欠かせません。その一番の方法は、やはり肺炎球菌のワクチンの接種ということになります」

 肺炎球菌の接種を受けた人と受けない人を見ると、明らかに異なる点があるという。予防接種を受けていれば抗生物質が効きやすく、肺炎の重症化を防ぐメリットがあるのだ。
 また、予防接種は肺炎球菌以外の病原菌による肺炎には効かないものの、肺炎の50%以上が肺炎球菌によるものとされるため、接種はかなり有効だという。とくに気道が閉鎖状態になる病気(COPD)の人や喘息疾患、糖尿病、肝臓病、心臓病などの慢性疾患のある人は、肺炎が重症化しやすい。そのため、特にワクチンの接種が重要だと、専門家は口を揃える。
 「風邪の感染経路は、飛沫からよりもウイルスが手に付着し、その汚れた手で顔に触れる“接触感染”が多いとの研究データがあります。感染は無意識のうちに移りますから、それを防ぐ手段としてマスクは有効です。電車内や職場で鼻を触ったり、目をむやみに擦らないようにしましょう」(同)

 現在、医療機関へ行けば「肺炎球菌ワクチンを受け付けています」といった貼り紙が目に付く。その肺炎球菌ワクチンの効果は5年間が目安とされるが、再接種も認められているので、風邪などで不安が生じたら医師に相談をし、再接種を受けるべきだろう。
 「65歳以上の人であれば、最低一度はワクチン接種しておくのが無難。また、体力の落ちている人は、発熱や咳などの症状がなくても、食欲不振だけで、実は肺炎を起こしているケースがあるとも言われます。体調不良を感じたら、放置しないことが肝要です」(前出・医療ライター)

 風邪を甘く見ない方がいい。