19日、中国の経済学者・兪平康氏が、日本経済について失われた20年から失われた30年になるとの見解を示した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年11月19日、中国の経済学者・兪平康(ユー・ピンカン)氏は、日本経済について失われた20年から失われた30年になるとの見解を示した。

中国メディアのウォールストリート見聞は、中国の経済学者・兪平康氏の見解を紹介。兪氏は、この先、世界的に見て経済面で希望があるのは米国と中国だけだと主張。米国は構造改革を完成させたが、日本や欧州は政府の力が弱く、構造改革を完成させることは永遠にできず、欧州は分解し日本経済は失われた30年へと突入するとした。

これに対して、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は失われていたのか?蓄積していたのではないのか?」
「中国は20年かけて日本を追いかけたが、追い付けたのだろうか?」

「大きなことを言うのはやめようよ。日本や欧州はこれ以上発展しないとしても、中国が追い付くのに20年はかかる」
「少なくとも日本は不動産バブルをはじけさせる勇気と覚悟があった」

「こんな言論で経済学者になれるのか?」
「中国は引き続き不動産で国を発展させるのですか?」

「日本は国土も人口も中国の1/10しかないのに、今でも世界第3の経済体なんだ。30年失われてこれなら、失われなかったら天にも上ってしまうだろ」

「日本は高齢化がひどく頭も固い。何をもって世界と競争するというのだ?失われた50年にならなければ、それだけでもたいしたものだ」(翻訳・編集/山中)